FC2ブログ

記事一覧

シメオン修道院と岩窟墳墓の眺め、アブシンベルに行かずカイロに戻る



2月21日 曇り/晴れ

エジプト11日目


DSCN20190221_155008.jpg 


アスワン→カイロ 夜行列車2等席 135
ボート往復 2×2
シメオン修道院 40
フライドポテト 9×2
水1,5L 5
ジュース 5


結局アブシンベルには行かない事にした。
ちょっと前までは、「どうせ行ったって時間の割にがっかりする」とか言ってたけど、
実際行かない、という事になるとすごい脱力感。
一応エジプト☑︎リストに入っていたし、ピラミッドの次に行くべき遺跡、みたいな所に行けないのは悲しい。

明日22日は朝日が神殿内に差し込む「スペシャルディ」で、入場料は400ポンド、その上混雑が物凄いらしい。
興味がない人は避けるのがベターだとあったし、遺跡系は混雑してると本当楽しくない。
翌日23日なら可能性ありだけど、24日の夜にフライトなのでそこまでアスワンに居たくない。

しかもそれだとカイロに戻るのがフライト当日の朝になってしまうし。
まーさかこんなイベントに当たるとは思わなかった。
今のところエジプトはまた来たいとは思わない国なので尚更残念。

アスワンで2日滞在伸ばすかかなり迷ったけど、この町自体は嫌いなのでもういい事にする。
カイロでやりたいこともそんなにはないけど。

なので10時、チェックアウト。
もうとっととこの町出たいので駅に切符を買いに行く。
この上脱出手段までなくなっていたら本当悲惨だし。

DSCN7075.jpg 

当日なので心配だったけど、夜行列車は15時と22時発に空席あり。
チケット買うのに私の前に3人しかいないのに(1人横入りされた)、20分も待った。

DSCN7076.jpg 

私なんか「one ticket, to Cairo,please」で3分も掛からなかったのに。
この人たちなんでこんなに時間掛かるんだろう。

とにかく無事切符を買えたので、22時まで近くを観光する。

イシス神殿か対岸にボートで行くか迷って、結局つまらなさそうな対岸の修道院に行く事にした。
本当はイシス神殿の方が絶対に面白いと思うんだけど、もうボートとか交渉とか面倒なの嫌。
あと私が見たかったのはイシスじゃなくてアブシンベル。
アブシンベル見れないんだったら後はなんかどうでもいいかな、という気分だった。


DSCN7077.jpg 

対岸へ。
やっぱり15時の列車の方が良かったかなー、とも思ってしまう。

DSCN7078.jpg 

DSCN7079.jpg

料金は、値段は聞かず2ポンド置いて通過。特に何も言われなかった。

DSCN7083.jpg 

DSCN7087.jpg 

対岸。もう着いた瞬間からつまらなさそう。
ボート乗り場からすぐに岩窟墓だけど、これ絶対つまらない。
しかも入場60ポンド。景色は良いらしいけど、その為に60ポンドは高い。

DSCN7088_20190305204004c46.jpg 


ラクダ使い曰く、ラクダに乗ればここの入場料は無料との事。だろうね。大した事なさそうだもの。
もうこの時点で色々後悔だけど、せっかくなので聖シメオン修道院まで行ってみる。
歩き方には徒歩30分とか書いてあったけど、それは(船で)アガハーン廟から来た場合の事。

公共ボート側からだと、砂礫系の砂漠の中を徒歩3km。
足元が砂に沈むし、砂丘の高低差があって大変だった。しかも途中までラクダ曳きが付いてくる。
しつこく「これはあなたの為だ、歩いて行くのは本当に大変だ」と言っていたけど実際大変だった。

天気が曇り気味だったのが幸い。


DSCN7092_2019030520400668d.jpg 

↓ヌビア村、らしい。上からみると大したことなさそう。

DSCN7096.jpg 

ちょっと砂漠っぽい景色も見れた。

DSCN7097.jpg 

DSCN7102.jpg

DSCN7115.jpg 



○シメオン修道院


ようやく着いた。道中なんでこんな所にいるんだろう。
本当はアブシンベルに行きたいのに。がずっと頭の中をぐるぐるしてた
でも着いて見ればそこそこ楽しい。

いや建物自体はそんなでも無いけど、廃墟に観光客が私1人しかいないのが楽しい。

DSCN7125_20190305203948a11.jpg DSCN7127_20190305203949aac.jpg

DSCN7128.jpg 

DSCN7131.jpg DSCN20190221_135910.jpg

DSCN7133_201903052044588f5.jpg

DSCN7145.jpg

DSCN7157.jpg DSCN20190221_134906_1.jpg

DSCN7159.jpg

DSCN20190221_135537.jpg DSCN20190221_133202.jpg


○近くの修道院


DSCN7172.jpg 

DSCN7173.jpg

ここは新し目の、一応修道院らしい。なかに家があって人が住んでる。
入るのに、銃を持った軍人にパスポート見せろと言われた。

DSCN7177_2019030520450949d.jpg 

DSCN7180.jpg 

DSCN7189.jpg

DSCN7183.jpg

修道院内部。
2つ堂があるけど、正直どっちも新しいしあまり大した事無いかなと思った。
案内してくれた兄さんにチップを5ポンド。
さすが修道院内に住んでるだけあって、不満を言われる事はなかった。

DSCN7195_20190305204516177.jpg 

アガハーン廟は近くまで行ってみたけど、周りがブロックで囲まれていて近ずけなかった。
涼しくなってきたのでそろそろ戻る。
案の定途中で野犬だか飼い犬だかに吠えられたりして怖い思いをする。

DSCN20190221_160346.jpg 

DSCN20190221_153517.jpg

DSCN7194.jpg 

周り誰もいないし、高台も無いのでもし追いかけて来られたら逃げられない。こわい。
なのでなるべく高いところを歩いて戻ったら、岩窟墓の裏手に出た。
結果として無料で入れてまあラッキー。
景色は良いけどこれに60ポンドは無い。

DSCN7205_20190305204521052.jpg 

DSCN7198.jpg

DSCN7206_20190305204522bc6.jpg 

DSCN7213.jpg

DSCN7220.jpg 

上からの眺め。
景色は良いけど、ずっと「本当ならアブシンベル」がずっと頭から離れない。
外国人観光客見る度に、アスワンまできてアブシンベルに行かないのは私ぐらいだろいな、と思ってしまう。
というか、行こうと思えば行けるけど、そこまで日数も時間もお金も掛けたくない。

でーも神殿見たいけどここにいるのもう嫌。
後3日あるけどもう早く帰りたい気持ちでいっぱい。
エジプトもうたくさん。

DSCN7236.jpg 

下りの景色。
時間のせいかもしれないけど、岩窟墓ほとんどドアが閉まってた。

もう夕方なのに、ラクダに乗らないか勧誘がしつこい。
「自分はエジプシャンでは無い、ヌビア人だから信用出来る」とか言ってくる。

エジプシャンもヌビアンも等しく信用できないんだよ死ねよ。
砂漠+観光業+ムスリム、の組み合わせはぼったくりしかイメージ出来ない。
本当日記に死ねとか書きたくないんだけど、もうそれしか感想出てこない。ふぅ。

たいした事してないのにもう18時。帰りの便が確実なうちに戻る。
ホテルに戻って出発時刻まで待たせてもらう。


移動が夜行で14時間というのが面倒。
帰りに駅前の通りでジュース買おうとしたら、水6ポンド、ジュース10ポンドと言われる。
「それ両方5ポンドじゃない?」といってもニヤニヤするだけ。売ってくれない。
もう町ぐるみで観光客に嫌がらせしてるんじゃないかとすら思う。

こんなのがほとんどで、毎回ながら腹が立つ。
ホテルの近くのお店はあまり観光客がこない立地のせいか、通常価格なのでイラつかずに済む。

カイロ戻ったらどうしよう。2日目のピラミッドが時間足りなかったのでもう一回行きたいと思っていたけど、テンション下がった今ではどうでもいいような気もする。
面倒といえば、帰りのモスクワ乗り継ぎも面倒。
12時間だっけ…。
長旅してみたいけど、一度今みたいになるともう全部嫌になるので躊躇してしまう。

イスラム系の国はやっぱりあまり好きになれないっぽいので、次回モロッコどうしよう。
今回の事考えると、2度行きたいとは多分思わないだろうから長めに日程取った方が良いんだろうけど、でもそうするとモロッコ合わなかった時にまた嫌が続いてしまう。

めんどうだなー。
とりあえずここ2日間水シャワーだったので、暖かいお湯浴びたい。
後30分したら駅に向かう。



列車内は聞いてた通りすごく寒かった。

DSCN7244.jpg 

席がよく分からないので駅にいる人に聞く。
チップとか言われるかなとも思ったけど、「this is your seat」で終わった。
2等車買ったつもりだったけど、実際は一等車のチケットだったよう。

DSCN7245.jpg

でも1人がけのシートだったし、135ポンドだったし、まあ良い。
途中寒気がして何回も眼が覚める。椅子の座り心地は良いけど寒すぎ。

列車乗る前はトイレの時の荷物が心配だったけど、
実際乗ったらスーツ着てるような人もいて、危ない感じはなかった。

ただとにかく寒い。
ここで風邪ひいたんだけど、3月5日、今日でもまだ治ってない。




関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント