FC2ブログ

記事一覧

ルクソール気球ツアーに参加(ボブマーリーで申し込み)



2月18日 晴れ

エジプト8日目


5時30分 ピックアップ
気球フライト時間 40分
8時 ホテル到着


ハーフチキン 40
カノープス4個セット 100



ボブマーリーの方は初日の件で印象あまり良く無かったけど、結局こっちでツアー手配してもらった。

オアシスの方は1000ポンドからで、値引きは出来ないとの事。
全然押し付けがましい感じはしない。明日でも明後日でも空きは多分あるよ、との事。
気球ツアーは縁が無かったけど、ホテルの人の感じは良かった。
時間は5時半から7時半まで。フライトは1時間。条件は同じ。


ボブマーリーの方は言い値が56ドルからだった。
私がうっかり50ドルになる?とか言ってしまったせいで、最終的に870ポンド(5560円)で決着。
もっと下がりそうだったのに。例えば46ドルとか。

こちらも5時半出発。会社は「bule bird」。
ハッピーランドのツアーと同じ。あっちは65→60ドルだったのに。

こちらも明日でも明後日でも空きはあるとの事。
ロビーの張り紙には、気球ツアーは早めに申し込んで下さいとあったけど、
前日20時でも申し込めた。支払いは現金のみ。手持ちが足りなくて駅のATMでキャッシング。
駅までも宿までも人がいっぱいで、特に危ない感じはしなかった。



↑ここまで前日の話

↓ここから本日の話



朝4時30分起床。
5時30分ピックアップの気球ツアーに参加する。

扉は前日スタッフに言って開けておいてもらった。
意外な事に時間通りに迎えが来た。私が最後でそのままボート乗り場へ行く。

DSCN6614.jpg 

ボート。お茶とお菓子が出る。ランディング時の確認とか簡単な説明あり。

DSCN6621.jpg 

対岸で別のバンに乗り換え、気球ポイントへ移動。
気球は昨日のメムノン像に向かって右手から出ているよう。
車窓の時点でもう明るくなっていて気球もそこそこ飛んでた。
この時間に既に飛んでるのが一番綺麗に見えそう。
私達の気球を膨らませている時点で朝日が登る。

 DSCN6641.jpg DSCN6642_20190305141546645.jpg

なぜか上昇途中はデジカメ禁止という事でコンデジ没収。
仕方なくスマホに切り替えだけど、古いコンデジよりスマホの方が綺麗に撮れるっぽい。
特に逆光。補正が自動で効いて暗くならない。
モードダイヤルが壊れ気味なので、帰ったら新しいカメラが欲しい。
でもなー、カメラ替えると充電池とかも新しくしないといけなくなるしなー。どうしよう。

DSCN6631_201903051415422ef.jpg 

出発前のダンス。後でDVDだかになるらしくてこれも専属カメラマンに撮られてる。
私も参加するよう言われたけどちょっと恥ずかしいので拒否。
普通の写真だって写るの嫌なのに。

DSCN6628.jpg 

DSCN6630.jpg 

一つのバスケットに15人前後。
角を確保したかったけど、後から人が乗ってきたので詰めるように言われた。
角だと人が入らない写真が撮れる範囲が広くて良いんだけどな。

DSCN20190218_063143.jpg 

DSCN20190218_063426.jpg

DSCN20190218_063520.jpg

DSCN20190218_063557.jpg

DSCN20190218_063623.jpg

DSCN20190218_063632.jpg DSCN20190218_064206.jpg

DSCN20190218_064540.jpg

DSCN20190218_064055_BURST001_COVER.jpg 

DSCN20190218_063901.jpg 

逆光の朝日。画面だと分からなかったけどまあまあ撮れてた。
簡単にこのくらい撮れるカメラが欲しい。

後半砂地の上あたりで高度が上がる。低空飛行の時は楽しかったけど、この後半の高さはちょっと怖かった。
高さ自体と気球の炎の音と、あとスマホにストラップ付いてないんで落とさないか心配で手がぞわぞわした。

DSCN20190218_065731.jpg DSCN20190218_065108.jpg

DSCN20190218_064904.jpg

DSCN20190218_064822.jpg

DSCN20190218_064615.jpg

DSCN20190218_065802.jpg DSCN20190218_070034.jpg 

結果、思いつきで参加したけど来てよかった。

2日間いろいろ遺跡巡りしたけど、気球が一番印象に残ったので。
これに乗らなければルクソール、金がかかる割にいまいちな印象で終わってたと思う。


DSCN20190218_071157_BURST001_COVER.jpg 

気球撤収中。この人達のために、という事で気持ちチップを求められた。
隣の欧米人は50ポンド入れていてすごいなと思った。

DSCN20190218_071544.jpg

本当に、本当にこの人達に渡されるのなら確かに50ポンド渡してもいいと思う。
高度と飛行時間の記録を見せてくれる。それによると飛行時間は40分。
1時間と聞いていたんだけどな。でも満足出来たので良かった。


 DSCN20190218_071854_BURST002.jpg 

7時20分着陸完了。みんなで記念写真。

DSCN20190218_071935.jpg 

フライト証明書貰いました。
混んでいるので前日は難しいとか全然嘘だったじゃないの。
福支配人みたいな人はまあまあ信用出来るっぽいけど、オーナー?の「マホ氏」はあまり信用ならない感じ…。

DSCN6649.jpg

DSCN6651_20190305141549608.jpg 

DSCN6653.jpg 

後は行きと同じ感じで戻る。
疲れたので今日はこのまま休憩。アスワンへは明日移動する。
アスワンまで片道3時間、さらにそこからアブシンベルまでバスで3,4時間。

カルナック神殿がまあまあだな、だったので、これだけの時間をかけて行くとなんかがっかりしそうな予感。
せっかくなんで絶対行くけど(結局行けなかったんですけど)、なんか入場料諸々の事考えるとエジプト微妙。
外人料金がやたらと高いし、そこからいきなり学生が半額というのもおかしい。
これだけ払って写真不可なのもおかしい。遺跡保護の観点と言ったって工事中とか放置されてるっぽい箇所が多すぎ。
モスクとかミナレットが並ぶ街並みは好きだけど、ちょくちょく不愉快に思う事が多すぎ。

ついでに眠りにくいのと、夜行バスとかツアーしか移動手段が無いとか、面倒なのが多くて疲れる。
こんなこと書いてたから駄目だったのかも

今回で3回目になったインドは、食中毒以外不快な思いする事無かったのに。
後は2日分の日記をまとめる。今日は宿でごろごろする。屋上は昼の内は貸切出来て良かった。
夕方からはみんな観光終わって帰ってくるし、そもそも寒い。

↓ルクソールの町。なんかカメラ向けると嫌そうな顔する人多くて写真撮りずらい。

DSCN6660.jpg 

DSCN6656.jpg 

17時から夕飯とスークを見に行く。
値段表示有りの店に入ったけど、40ポンドで鶏モモが食べられて良かった。
ハーフチキンはこの辺りが相場なのかな。


↓スーク。
DSCN6663_20190305141556b63.jpg 

DSCN6680.jpg 

DSCN6681.jpg

ちょっと前欲しいもの何もないとか言ったけど、ここでお土産購入してしまった。

DSCN6674.jpg 

カノープス4体セット。↑みたいなやつ。
これなら多分バックパックで機内預けにしてしまっても大丈夫。
最初一体400ポンドから始まって、最終的には4体で100ポンドになった。
吹っ掛け方が酷すぎ。バリとかインドとかでもここまでじゃなかった気がする。

しかも全部で100ポンドで話がまとまったと思ったら、
金を払う段階になって「俺は一体100ポンドという意味で言ったんだ、4体買うなら400ポンド」とか言い始める始末。
最初の言い値に戻ってるじゃないか…!!

舌打ちまでされたけど、置物1つが1ドル相当らしいので、それならこれは妥当なんじゃないのか。
それとも観光客に適当な値段で売ってしまったことがそんなに気に入らないのか…?

結局このやり取りで30分ぐらいかかった。
最初は「ジャパニーズは友達、please relax」から始まって、
最後は「これはビジネスなんだ、この値段じゃno profitだ」って必死になるのが面白不愉快だった。

21時宿に戻る。

アスワンへの列車は、7時30分、8時15分、9時45分の3本。
アスワン観光もしたいけど、多分9時45分ので行く。朝起きられないし寒いの嫌。





関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント