FC2ブログ

記事一覧

ルクソール西岸ツアー+貴族の墓、王家の谷でスマホを取り上げられた話



2月17日 晴れ

エジプト7日目


西側ツアーに参加


見学時間が少ない上に各見どころの入場料が高く(これは予想してたけど)
おまけに王家の墓でぼったくり係員に捕まった事でいまいちな印象の1日。

これはまあ私も少し悪いんだけど。


7時30分 朝食
8時15分 ピックアップ予定
8時35分 ピックアップ

9時20分 メムノンの巨像着
メムノンの巨像 5分
ハトシェプスト葬祭殿 30分
王家の谷 10分+35分
土産物屋で休憩
メディネット・ハブ 30分

ツアー離脱
17時 東岸フェリー乗り場に到着
20時 翌日の気球ツアーに申込み
21時 宿に戻る


ハトシェプスト女王葬祭殿 100
王家の谷 200
メディネットハブ 100
遺跡内バス×2回 6
貴族の墓 3か所で合計 160
気球ツアー 870
コシャリ2食、15、12
グラタンみたいなの 8
ジュース 5


ツアー自体が80ポンド(ハッピーランド申し込み)+入場料が全部で386ポンド。
合計466ポンド(約3000円)

つーかーれーたー。エジプトなんだかもう十分な気がしてきた。

私ヒンドゥーのごちゃごちゃした彫刻のある寺院(しかも無料)の方が好き。
正直もう帰りたいくらいだけど、帰国日まであと一週間もある…。


この日はツアーなので浮くのをちょっと心配してたけど、杞憂でした。
参加者は全部で20人くらい。
特に仲良くしたりするような感じではなかったので良かった。

日本人は私以外に3人。女1人と男2人。ぱっと見で嫌いなタイプだと思ってしまった。
移動中もでかい声で女の留学自慢話。それを男2人がすごいすごいって聞いている。
なんかちょっと前の期間工の頃を思い出す。
こういうツアーでアジア人1人なのはちょっと不安だけど、出来たら日本人以外のアジア人と一緒なのが個人的にはベスト(勝手)。



↓以下回った順



〇メムノンの巨像

DSCN6266.jpg 

DSCN6267.jpg

滞在5分。これは妥当。
とくに感想はない。

↓巨像の周りの風景。

DSCN6273.jpg 

DSCN6274.jpg


↓本日のガイド氏。
DSCN6276.jpg 



☑ハトシェプスト女王の葬祭殿

DSCN6283.jpg 

DSCN6277.jpg 

きれいに整備されてんなあ、と思った。
遺跡感ゼロ、写真で見たままだったけど、それでも見学時間30分はぎりぎり。

DSCN6284.jpg 

チケット売り場から葬祭殿までの移動チケットは強制購入。
ただでさえ微妙なのに、ツアーで急かされているから良さがあまり分からなかった。

DSCN6295.jpg 

DSCN6322.jpg

DSCN6326.jpg

DSCN6338.jpg 

DSCN6340.jpg

私と韓国人2人組が最後だったんだけど(少しでも長く見たいので、最後まで残っていた同じツアーの同行者を追いかける形で回っていた)案の定というか、例の女が睨みつけてきた。
なんなんだ感じ悪い。確かに5分遅れたけど。



王家の谷

谷自体も撮影禁止らしい。
200ポンドなのになんだかな、という感じ。
墓は3つなので、1つあたり65ポンドちょい。
そう考えるとこの後の貴族の墓よりは満足感あるけど、いかんせん時間が少なすぎて不満。

まずは全員で最初の墓(多分ラムセス4世)を見学。
ここが10分くらいだけど、みんな早々に切り上げてた。

DSCN0011.jpg 

気になるのが外でも中でも写真禁止らしいのにスマホで撮ってるやつ多すぎな事。
私も撮影してたら、同じツアーの日本人グループに睨まれた。

最初からちょっと合わなさそうな人達だなとは思っていたけど、向こうもそう思っていたのかも。
残りの2つは自由選択。でもみんなガイドさんお勧めの墓を見学。

(多分)メルエンプタハの墓と(多分)ラムセス5世だか9世だかの墓で、前者は壁画は大した事ない。
地下に石棺があるだけ。見た目には一番つまらなかった。
時間が気になってゆっくり見れないし、おまけに人も多すぎでざわざわしすぎ。

最後のラムセス~の墓が一番綺麗だった。
天井のヌト神(多分)とか。
さすがにこういうメインっぽいところはきちんと見張られてるしスマホ撮影の人もいない。

DSCN0012_20190305122457538.jpg 

んで当然ここも撮影禁止なんだけど、うっかりスマホで写真撮ってたら捕まった…。
さっきから挟んでいるこれらの↑写真がそう。
結局消されなかったし、大してきれいに撮れている訳でもないので載せときます。


これ私も悪いんだけど、その辺でみんな写真撮ってるし、一眼とか持ってる人はともかく絶対みんな写真チケットなんか買ってない。
というか、多分係員っぽい人はいるんだけど割と見て見ぬ振りしてる。
…ので私も便乗して撮ってたんですが、そしたら何故か真っ直ぐこっちに来る…!

多分奴ら、おとなしく罰金払いそうな奴を選んで声を掛けてる。

私はアジア人の女1人だし、日本でもいわゆる陰系なので奴の目に留まったんだと思う。
見て見ぬふりしてるのは、確実にカモを捕まえるためっぽい。
いきなり腕を掴まれて、リュックの脇に入れていたスマホを持って行かれた。

すごい強引。
気の弱そうな(良く言えば穏やかそうな)欧米人も捕まってるの何人か見たけど、ここまで失礼なのは多分前述の理由。
「いいカモを見つけた」って感じの凄い嫌な笑顔で、「you take a picture,you have to pay!」を繰り返してくる。
その横で普通にスマホで撮影している観光客が何人もいるのに。

DSCN0013.jpg 

私がそれを指摘すると「they have a camera ticket!」
それをじゃあ確認しろよと言っても、私のスマホを両手で背に隠して返さない。
ずっとニヤニヤしたまま「金を払え」と言い続けてる。この間3分くらい。
結局同じ同宿のツアー参加の白人兄さんが「she is my friend」と助け舟を出してくれたらすぐにスマホ返却。
しかも写真も消されずそのまま。

やっぱでかい欧米人は怖いのか。
ここ多分一番の見どころの墓なのに、もう不愉快な気分でいっぱい。


金払わずに済んだのは(助けて貰えたのは)本当にラッキーだったし、写真も残ってたので良かったのだけど、あの係員の馬鹿にした態度が本当に頭に来る。
というか、わざわざカメラチケットとか用意するんなら、首からかけるとか胸に貼っておくとかもっと分かりやすい様にすればいいのに。
わざと撮影させて職員に小遣い稼ぎさせてやってるとしか思えない。

DSCN0014.jpg 

ついでにその脇をいかにも面白い、ざまあみろという表情で通り過ぎて行った日本人グループも腹が立つ。
壁画すごく綺麗だったけどこの事でイライラしていたし、そもそも人が多すぎ+時間が短すぎでゆっくり見れない…!


でほとんどの人は立ち止まらずノンストップで壁画見学(+スマホ写真)。ほぼ流れ作業。
あまり人のこと言えないけど「そんなに遺跡とか興味ないんだよね〜」とか言ってるんなら来なければいいのに。
こういう人たちが来ないだけでだいぶ混雑マシになると思うんだけど。


見学後はエントランスで集合。
同グループの日本人が「写真撮ってる人多かったね〜、でも捕まってる人も多かったね〜」みたいな会話をでかい声で話していてさらにイライラする。
多分こいつら私が罰金(カメラチケット)300ポンド払ったと思ってるんだろう。
エジプト来てまでこんな奴らと出くわすなんて、全く。

それともこれも、引き寄せ、というやつだろうか。
私がクズだから(それでさらにエジプシャン死ねとか思ってるから)、同程度の屑(とクソエジプシャン)が寄ってくるみたいな。
まったくもう気分悪い。

あんたらも隠し撮りしたいならすれば良かったのにー、にー。

DSCN6346.jpg 

お土産屋。
イスラム地区の土産物よりはちょっと整ったのが売ってる。
この↓の時計のはちょっと欲しいと思った。

DSCN6350.jpg

DSCN6351.jpg



☑メディネット ハブ(ラムセス3世葬祭殿)

DSCN6356.jpg 

DSCN6360.jpg DSCN6359.jpg 

遺跡系。これが一番面白かった。
結構色もレリーフも残っている。
でかくて柱廊しか無いような所よりこういうところの方が好き。

DSCN6361.jpg 

DSCN6371.jpg

DSCN6375_20190305120339144.jpg

DSCN6383.jpg 

DSCN6388_2019030512034452d.jpg DSCN6393_20190305120345ef7.jpg

DSCN6397.jpg

DSCN6407_20190305120349e2a.jpg DSCN6410.jpg

DSCN6426.jpg

ここでさっきの兄さんに、自分たちはここでツアー離脱して貴族の墓に行くけど、一緒にどうかと言われる。
さっき助けて貰ったけど、なぜかと聞けば「なんかこういうのが好きそうな顔をしているから」との返答。

正直もういいかなと思ったけど、せっかくなのでついて行ってみることにした。


ここまでの感想として(自転車で個人で来る場合)、全体的に緩やかに坂になっているけど、特に王家の谷の坂が辛そう。
ツアー中私の席が窓側だったけど、王家の坂では5人自転車野郎を見かけました。
疲れるだろうけど、好きな人はツアーじゃ絶対物足りない。

彼らがちょっと羨ましく思えました。
でもなぁ、疲れるかな。

気候的には多分自転車で大丈夫だろうけど。日数と情報があれば西側に泊まるのも良さそう。
ツアーでも、2人西側の川沿いに面したゲストハウス参加の人がいました。
それか信用できる車が見つかれば、タクシーとかも良さそう。

DSCN6431.jpg 

DSCN6436.jpg
途中の風景。

DSCN6438.jpg
↑メディネット・ハブから移動中。私は二人の後をついていくだけ。



〇貴族の谷

DSCN6446_2019030512085479c.jpg 

ここからツアー離脱。私たちの他にも抜けてる人はいた。
どうせこの後レストラン行って解散だし。

ここでは 60+40+60、の合計160ポンド支払いました。

兄さん達推薦の所、多分歩き方でおすすめされている所と一緒。
(多分)「ミンナ(ぶどう畑の墓)」「ナクト」「ラモーゼ(泣き女)」の3つ。

…正直どれもそんなに大したことないかなー、というのが感想。
谷自体の風景も王家の谷の方が迫力があって良かった。
こっちのは「貴族の丘」と言った感じ。

ここも王家の墓と一緒で、壁画を見学するところ。
墓自体の造形とか彫刻とか、そういうのを期待してくるところではない…。

やはりこちらも写真禁止で、でも撮りたいと思うのはあまり無かったです。
兄さんの1人(イギリスから)がアラビア語話せるので、逆に管理人からお菓子を貰ったり、柵をどかしてもらって入っちゃ駄目なところに入れてもらったりしました。
こういうのが良くも悪くもエジプトなんだろうけど…。


そんな訳で↓、管理人のおっさんが撮りなさいと言っていたので撮った写真です。
載せない方が良いんだろうけど載せます。おっさんが良いといったので。

DSCN0015_20190305122502fc8.jpg 

墓にもよるのでしょうが、1箇所のチケットで2、3箇所の石室に入れました。
メインの石室はともかく、セットになってる所は管理人に教えてもらわないと分かりにくいし、そもそも鍵がかかってる。
事前段階でちょっと興味あったけど(ツアー翌日の後自転車で来ようと思っていた)、これは1人では面倒なことになっていたと思う。

というか、値段の割には大して面白く無かったし(そもそも王家の谷の後だと霞む)
宿の人が「ツアーで行く所以外は大したことないよ、ツアーだけでも飽きる人は飽きるよ」と言っていたのは正しかったのかも。

DSCN6472_20190305120857795.jpg 

帰り道。墓を出たところで、フェリー乗り場まで行く乗り合いバンが止まってくれた。
ただし1人3ポンド。イギリス兄さんが交渉してこの値段。

ここで初めて西側フェリー乗り場見たけど、自転車乗ってる欧米人もちょこちょこ見かけた。
でもそれはそれでぼったくられそうでアレだけど。

DSCN6478.jpg 

DSCN6483_20190305120900820.jpg 

東岸行きのフェリー、1人5ポンドと吹っ掛けられる。
意外なことにさっきのバンもフェリーも、兄さん達は割とおとなしく払っていた。
現地人は平気で1ポンド置いて通過していくので、多分何を言われても1ポンド置いて強引に通過してしまえば大丈夫そうっぽいのに。

いろいろ見れたけど、全体の印象はいまいち。
割高な外人料金と、滞在時間が短すぎるせい。あと王家の谷の係員とついでに日本人のせい。
ここで兄さん達とお別れです。
彼らはご飯を食べに行くそうで、私は気球ツアーを探しに行く。

ありがたいことに結局バンもフェリーも彼らが払ってくれました。

DSCN6486.jpg 

フェリーからの景色。
この後アスワンにも行ったけど、この日の夕日が一番きれいでした。
やっぱり船の上からの景色は良い。

DSCN6490.jpg

17時東側到着。

DSCN6502.jpg 

DSCN6516.jpg 

DSCN6518.jpg 

戻ってくるとルクソール神殿のライトアップが始まる所でした。
せっかくなので外側から(入場はせずに)見ていく。

DSCN6534_20190305121314439.jpg 

DSCN6543.jpg

DSCN6550.jpg 

DSCN6560.jpg 

DSCN6565.jpg

DSCN6575.jpg

↑神殿近くのモスク、敷地内からライトアップが良く見れた↓

DSCN6558.jpg

DSCN6581.jpg

夜だけど駐車場には普通にバスが何台も停まっていて遺跡内には人も多かったです。
町中歩いていてもほとんど観光客見ないのに、みんなどこに泊まってるんだろう。

DSCN6592_20190305121311da8.jpg 

コシャリ(中)。一皿15ポンド。
安いのは露店とかそういう所のという事?

DSCN6588.jpg 

ちょっと欲しい香水瓶。
でも造りがちゃちいし、そもそも割れ物(特にガラス)は絶対買わないと決めてるし…。


遅くなってしまったけど気球ツアーを探す。
明後日は移動なので出来れば明日参加。

ボブマーリーの方は初日の件で印象あまり良く無かったけど、結局こっちでツアー手配してもらった。
疲れた。

明日は気球、外気に触れる状態で空を飛ぶのは初めて。とても楽しみですフヒヒヒ。




関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント