FC2ブログ

記事一覧

ルクソール東岸観光(ルクソール、カルナック神殿)



2月16日 晴れ

エジプト 6日目


2回目のコメントを頂いていたことに気づいた。
気付かなくてすみませんでした。もう10日も経っていたけど役に立ったでしょうか。


7時ルクソール駅近くに到着
8時30分→15時30分 東岸神殿観光


サンドイッチ 2つで 10
ホテル代 160
ルクソール神殿 140
カルナック神殿 150
コシャリ 15
チョコパン詰め合わせ 5
買い物 31
水1.5L 5


結局眠れなかったし疲れた。
7時過ぎにルクソールの駅近くに到着。


↓朝ご飯
DSCN5963.jpg 

DSCN5961.jpg 


エベレストホテル(ニューエベレストだったかな)の客引きが鬱陶しい。
チラシを渡された時に見たけど、ここの気球ツアーは60ドル〜。
ちょっと必死過ぎたのでここでは絶対泊まらない…。

先に近くて評判の良い「ボブマーリー」の方へ行く。
booking.comではドミトリーには空きがある状態。

実際に行ったところ、今は全館満室で、部屋もベッドも無いと言う。
ただチェックアウトするゲストも居るから、今から西側ツアーに参加(70ポンド)に参加して戻って来ればちょうど良いのでは?と提案された。
ツアーは8時出発で、後30分。でも今到着したばっかりだし。


またベニスの時みたいになっても面倒なので、そうですか、とだけ言って次候補の「ハッピーランド 」へ向かう。
こっちは普通に案内してくれてシャワー付き個室で一泊160ポンド。

ただしネット予約よりいくらか安い(らしい)ので、一階の実質窓のない部屋。
もう疲れたしこれで充分。

カメラの充電残量が気になったけど、ルクソールとカルナック神殿に行ってみる。
カイロと違って歩きやすい。一気に地方都市感。


外から結構見えるけど、なんかもうあんまり大した事なさそう(思ってたより小さい…)、
というかやっぱりエジプトとかローマ系の遺跡あんまり好みじゃないかも。
基本柱しかないしすっきりしすぎでつまらない。
出発前は☑︎にしないと、って思ってたんだけどなー。


☑︎ルクソール神殿


DSCN5967.jpg

DSCN5973.jpg

DSCN5993.jpg

入り口から工事してて微妙。
やばい特に感想が出てこない。強いて言うなら入り口の門の裏側が好みといえば好み。
朝なので人は少なめだけど入り口から逆光。
なんだかんだで1時間半はいたかも。

DSCN5979.jpg

DSCN5983.jpg

DSCN5976.jpg DSCN6004.jpg

DSCN6008.jpg DSCN5987.jpg

DSCN5989.jpg

DSCN6010.jpg

DSCN6011.jpg
レリーフはあんまりたいしたの残ってなさそうだった。

DSCN5996.jpg 

DSCN6032.jpg 

DSCN6033.jpg 

DSCN6041.jpg


ここからの移動がちょっと面倒だった。
神殿入り口近くには馬車だかタクシーだかの客引きがたくさんいて、
そいつらが乗合バンを探すのを邪魔してくる。
しかも揃いも揃って自分の馬車馬を「ポルシェ」とか「ランボルギーニ」とか呼んでいて、
「俺のポルシェに乗っていけ、20ポンド!」とか言ってくる。
それ面白いと思って言ってんのか、あぁーーーん?

1人無視しても次から次に声を掛けてくるのはなんなのか。
っていうかこれだけしつこくされて乗る奴がいるのか?本当に鬱陶しいしイライラする。
馬ごとバスに撥ねられて死ねば良いのに。

結局神殿出てから左方向に歩き続けて、駅方向から道路が合流してくるところでバンに拾って貰った。
カルナック神殿の前まで乗せてもらって、5ポンドしかないと言ったら料金は無料でいいよ、と言ってくれた。
ぼったくり野郎とそうでない人の差が凄い。


☑︎カルナック神殿


DSCN6236.jpg 

DSCN6239.jpg

こっちは規模がでかくて期待できそう。
ただ10時過ぎててちょうど団体ツアーのピークの時間だったよう(↑は帰り際の写真)
凄い人がいる。しかもまた入り口から逆光。
こっちはそこそこ来て良かったと思えた。

DSCN6066.jpg 

列柱ホールは確かに見応えあった。
けどメインすぎて午前中は人が多すぎ。しかし中国人団体多かった。

DSCN6076.jpg

DSCN6070.jpg DSCN6077.jpg

DSCN6209.jpg 

DSCN6094.jpg 

DSCN6095.jpg

DSCN6105.jpg

DSCN6126.jpg DSCN6127.jpg

DSCN6220_201903042334123ea.jpg

DSCN6222.jpg

DSCN6226.jpg

あとなんだか、多分現地エジプトの人の観光客と思うんだけど、やたらとセルフィーセルフィー言われた。
すれ違いざまに「ニーハオ、ニーハオ」とか。
馬鹿にした感じでは無いんだけど声を掛けられるの苦手なのでいちいち疲れる。
インドのお寺でも声かけられる事あったけど、ここまでアグレッシブではなかった…。
 

ここも敷地内に賄賂を払うと壁画を見せてくれる人がいた。
というか、
最初はもちろん金の事なんて言わないんだけど暗黙の了解的にチップの流れになるやつ。

DSCN6141.jpg

DSCN6166.jpg
↑チップエリア周辺のレリーフ。この辺りのは彫りが深くて好みだった。

あまり人が来ない場所だから見つかりにくいし、こんな所まで来るのは遺跡好きだから賄賂払っても壁画を見るだろう、と思ってやってるんだろう。
各部屋1ポンドでいいか。と事前に訊いたら渋々ながらもそれで良いと言ったので見せてもらった。

鉄柵の向こう側で、この後行った貴族の墓よりは綺麗な色で丁寧な感じの壁画が残っていた。
1ポンドだったので、これは見せて貰って良かったと思った。
見学後、ここの写真はツイッターやインスタに載せるな、ときつめに注意される。
載せないけど、そんなこと言うぐらいなら最初から見せなきゃいいのに 笑。

昼過ぎ、↑みたいな感じで敷地内一回りしてきたら大分人が減っていた。
順光気味になって写真も撮りやすくなったし、朝休んで午後から来ても良かったかも。

DSCN6184.jpg

DSCN6207.jpg

DSCN6230.jpg

DSCN6231.jpg DSCN6235.jpg


帰り道は帰り道で土産物屋に付きまとわれる。
無視し続けただけで、最初150ポンドだった猫(文字通り不細工な)の置物が最終的に60ポンドにまで下がった。
最初ちょっと見可愛いかなと思って手に取ったのだけど、よく見たら不細工。
猫の不細工さと店員の態度のせいで買う気が一気になくなったんだけど、それはしつこかった。

いくら安くても要らないものはいらない。あと店員が明らかにインドよりも不快。
カイロのバザールと、ここと見てきたけどあまり欲しいと思えるものが無かった。
インドは色々買いたいものあったのに。

エジプトでランプ買う予定だから荷物セーブしてたのに。もっと買ってくれば良かった。
カイロの市場で物色したけど、安いランプは作りが雑すぎて絶対いらないやつばかりだった。
夜に見ると綺麗だけど、造りがちゃちすぎる。明るい所で見るとゴミ以外の何物でもない。


帰りは来た時の下車地点の逆側に人が溜まっていたので、そこでバンを待つ。

なかなか空席がある車が通らなくて、でもアスワンから来たと言う学生5人組が逐一バンを停めて確認してくれたので(全部の車が駅方面に行く訳では無いらしい?)割とスムーズに帰れた。
しかもありがたい事に乗車料金まで払ってくれた。親切。

ボブマーリーの近くで降ろしてもらって、宿まで帰った。

DSCN6245.jpg 

途中の初コシャリ。
ミドルが12でラージが15ポンドらしい。コシャリってもっと安いイメージあったけど。
一応値段の付いたメニュー持ってきてくれて、でも今思えばアラビア数字の方は確認しなかった。
味は割と美味しいと思った。エジプト嫌いだけど食事に関してはインドよりずっと良い。


夜、ハッピーランドのオーナーに気球ツアーについて聞いてみる。
ここで扱っているのは「Blue Bird」という会社で、5時30分から7時30分まで。
内飛行時間は1時間。

値段は言い値が65ドルで、週末以降は(彼のいう週末は土曜〜火曜、こちらの滞在期間を見越しているのか?)値段が上がるし、混雑するから値引きも出来ないとの事だった。
…やばいこいつ全然信用出来ない。

電話してみないと空きがあるかも値引きできるかも分からない、
とにかく参加したいなら早い方が良い、と言われた。
…ちょっとここで申し込むのは避けたいと持ったので断る事にする。

この翌日、西側ツアーで一緒になった同宿の兄さんは、言い値が60ドルだったらしい。
ちょっと調べた所、頑張れば45ドルでも行けるらしい?
とりあえず明日50ドル目安で探す事にする。




〇とまったところ

ハッピーランド ルクソール
Happy Land Luxor

DSCN5965.jpg 

DSCN5964.jpg

DSCN6250.jpg 

直接行ってシングルシャワー付き+朝食で160ポンド。
部屋は問題なかったけど、気球ツアーについてはちょっと信用できない。
水も1.5Lが5ポンドだけど、10ポンドとかいってくる従業員もいた。






関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント