FC2ブログ

記事一覧

11月13日読売新聞から「ひきこもり就労」と「人生相談」感想



京都最後の投稿しようと思ったのですけど、気になったのでこれの感想メモ。


昨日(11月13日)の読売新聞記事「ひきこもりの人の就労」で、
そのモデルケースの人が他人事とは思えない感じだった。

ひとつめ、「在宅ワークで収入と自信」



一面の田んぼが広がる宮城県登米市。
その一角にある実家の2階の和室が、高橋明史さん(30)の寝室兼職場兼生活のスペースだ。
会社のホームページの管理やメールの対応が主な仕事で、平日の午前11時頃から6~7時間ほどパソコンで作業する。
仕事のやり取りはインターネットのチャットで行い、外出は月に1度。
近所のスーパーに自転車で行くくらいという。
高橋さんは子供の頃から人と話すことが苦手だった。
学校では同級生から嫌がらせを受けることが多く、中学から高校まで何度か不登校を繰り返した。
ゲームの世界だけが居場所だった。
20歳で上京し、養成校でゲームのデザインを学んだが、指導者との関係に悩んで中退した。
人間関係に苦手意識があったため、アルバイトは長続きせず、断続的にひきこもり、2年前に実家に戻った。



やべえ共通項多すぎ。
私も京都(この前の旅行日記)から戻ってきてから1か月以上経つのに、図書館とイオンにしか行ってない。
10月初頭から3回しか外出してない。やばい。

私の場合は親が不登校にさせてくれませんでしたが。
今になってから思い返せば、嫌々ながらも親の言うことを聞いて学校に行っていた自分は本当にバカだったと思います。いや今もですが。

↑の方はパソコン得手で、6~7時間の勤務(週5?)で月10万ほどの収入になるとの事。
…ある程度リストに☑ついたら私も支援団体に行ってみようか。




さらに同日21面の人生案内。

「嫌なことが顔にでてしまう」女子学生(10代)



投稿者
「講師の先生方からよく『お前は態度が悪い』と言われます。
私は思ったことが顔にでてしまうタイプで、ちょっと何かを言われたり、嫌なことがあったりすると、すべて態度にでてしまうためだと思います。
以前から自覚はしていたのですが、どうしても顔に出てしまう癖を直せません。
普段はなるべく愛想良くして過ごしているのですが、嫌なことがあると隠しきれなくなるのです」

回答者
「それはなぜだと思いますか。
それは、あなたがご自分の感情を言葉で表現せず、体と行動で表現しているからです。
大切なのは、顔の表情を抑えようとすることではなく、その時の思いを「言葉」で表現することです。
たぶん、あなたは言葉で表現するのが怖かったり、苦手だったりするので避けていて、それが表情に出てしまうのだと思います。
ノートにご自分の気持ちを書いてみることで、感情を言語化するトレーニングをしてみてください。
それを繰り返すことで、感情的になることなく、思いを相手に伝えるのが上手になります。」



…もうアラサーなんですが、ブログやってたらいくらかましになるでしょうか?

期間工場でもこれ言われました。「なんでイライラしてんの?」
私も小学校の頃からこんな感じで、でも大人になったら治るよといわれて結局このまま。
いまだに怒りや不満を溜め込むことしかできなくて辛い。
↑に対して、極端だけども
「お前のタメ口と口臭がイラつくんだよ!」と言ってしまいたい。

言い返しても言いくるめられたり、その場で集団無視されたりした事が多々あって、いまだに怖い。
意見がちょっと食い違っただけでも、すぐに対立や喧嘩→言い負かされる→またショックを受ける、の流れを予想して緊張してしまう。怖い。
絶対に避けられないのに、誰かに嫌われるという状況が怖い。


…しかしこの手の記事を読むと、なんだろうか、なんかもっと言い当てて欲しいような気持ちになります。
別に自分の事を言われているわけではないんですが。共通点が多いってだけなんですが。
もっと共感したりされたいみたいな。
友達いないし、家族もニートの愚痴だと思って(いやその通りなのですが)話半分にしか聞いてくれなくてなんかしんどい。
ふとした時にこういうの読んでしまうと、脱力感とか無力感みたいなのでいっぱいになります。


あとこの人生案内の上の「SNSで交流 思い出共有」も読んだのですが、
これらの記事の後に読むと一層なんだかな、でした。
私はこんなことになってしまったのに、お前らはそんななのか!!人生楽しみやがって!!、みたいな。

つながりとか共有とか「残したい思い出」もうイライラするんですが、でもブログのページビュー伸びてると嬉しかったり。
そもそもイライラするのは本当は望んでるのに手に入らないからだったりとか。
私は「残したい思い出」ってほぼほぼ個人旅行の事しかありませんよ。もう。





関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント