FC2ブログ

記事一覧

【10日目】高野山から→奈良へ移動



10日目。


予報通り朝から雨。
翌日午後には台風が接近するとの事でした。
前日の内にいろいろ見学しておいて良かったです。

私の泊まった密厳院では朝のお勤めは7時からだったので、5分前に本堂に向かいます。
大師様の生身供(しょうじんぐ)とどちらに向かうか迷ったのですが、
朝がしんどいのと、せっかく宿坊に泊まったのだから、と思い密厳院の方を取りました。

DSCN7560.jpg 

既に全員着席済みです。全部で20人位だったような。

なぜか最前列中央の4人組が正座椅子(?というのか)に座っており結構ちょっと邪魔でした。
せめてお寺の人が注意してくれればいいのに。

私も最後列なので椅子を使いましたが、やっぱりかなりちょっと邪魔。
読経中ずっと手を合わせていたし、(多分)信仰心厚い人たちなのでしょうが、もうちょっとまわりに配慮すべき。

お勤めは30分で、基本読経と焼香のみ。
法話とかお説教的なものはありませんでした。
特に期待していった訳ではありませんが、ちょっと肩透かしです。

DSCN7564.jpg 
密厳院、廊下と中庭。

DSCN7565.jpg

まだ眠かったので、お勤め後、チェックアウト時間まで2度寝しました。


10時~、再度参道散歩。天候が違うと雰囲気もだいぶ違います。
DSCN7573.jpg

DSCN7580.jpg 

DSCN7587.jpg

DSCN7592.jpg

DSCN7596.jpg

DSCN7593.jpg

DSCN7615.jpg

DSCN7621.jpg

DSCN7660.jpg

DSCN7665.jpg

2回目なので一応有名処のお墓を探してみました。
DSCN7632.jpg
信長墓所。でも歴史とか武将とかには興味がないので感想が出てこない。
〇〇墓所、とあるだけで、お墓自体は普通です。


DSCN7687.jpg 
このキャラの設定年齢が知りたいです。


DSCN7693.jpg 
昼ご飯。

配膳のおばちゃんが、
「今日は台風が来るんだから早く帰りたい!なんでこんなお客さんおるん!?」
とか結構大きな声で叫んでいたのが印象的。
親子丼注文したのですがいまいちでした。そのせいか分らんですが。


食後、昨日スルーしてしまった大門が気になったので、このためだけにわざわざここまでバスで来ました。
大きい…ですが壇上伽藍の門とあまり変わらないし、なにより寒かったのでもう戻ることにします。

DSCN7698.jpg

DSCN7701.jpg 


DSCN7705.jpg 
大門下でバス待ち。
すぐに戻りのバスが来てくれてよかった。


DSCN7715.jpg 

もう荷物を宿坊に取りに行くだけなのですが、気になっていた建物で途中下車しました。
なにやらミャンマーにゆかりのある場所のようです。別にバス降りるほどではなかった。

DSCN7709.jpg 

例の電飾仏像。本国よりはだいぶおとなしめ。
前回はゴールデンロックを見逃してしまったので、そのうちまた行きたいです。


DSCN7722.jpg 

ロープウェイ駅待合室の2階。雲だか霧だかがすごくて霊場感出てます。
台風が来なければここから熊野古道へ向かうつもりでした。残念。


DSCN7731.jpg 
高野山→橋本間の車窓。

だいたい15時高野山出発→18時奈良着。
DSCN7742.jpg 

宿の近くの商店街。

DSCN7745.jpg 

DSCN7746.jpg 

ラーメン好きなのですが、家の近くに(美味しい)お店が無いので、出先ではだいたいラーメンです。
写真手前が天下一品、奥が別の串カツ屋。
繁華街では普通なのかもですが、ふだんあまり見ないので面白いです。


DSCN7809.jpg 

20時過ぎましたが、東大寺方面を散歩。
台風予報のせいか、それとも時間帯のせいなのか、ここも人がいませんでした。

一応9月いっぱい「ライトアッププロムナード」の期間中(らしい)ですが、
これも台風のせいか時間帯のせいなのか、どこもやってなかった(ぽい)です。

DSCN7769.jpg
阿。
 DSCN7768.jpg
吽。
DSCN7793.jpg 

このあと浮御堂方面にも行ってみましたが、ただただ暗いだけ。
もたもたしていたのが悪いのですが多分22時ごろ、園内一斉消灯されてしまい大変でした。
目が悪いので、道の真ん中にいるのが鹿か人間かすぐに判別できなくてなかなか怖かったです。




〇とまったところ

Deer Guesthouse ★★☆

一泊1250円。
当日検索では最安でした。お値段と立地は良かったです。
オーナーの方が親切なのですが、タメ口だったのがちょっと気になりました。





関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント