FC2ブログ

記事一覧

【4日目】豊島美術館と島サイクリング



4日目


9時20分の便で直島(宮浦港)→豊島(家浦港)へ移動。
朝ご飯は前日に買っておいたお弁当。

本数が少ないせいか座席は満席でした。
5分前に来たので20分立ち乗りです。

DSCN0492.jpg 

DSCN0495.jpg 

この日は豊島で一泊する予定なので、一度宿へ荷物を置きに行きました。

島内移動はレンタサイクルで、と思っていたのですが、
港まで戻ってくると、なんともう全て貸し出されてしまった(+予約済み)との事でした。
まだ10時過ぎなのに。

ここに来る前、通りすがりにNPO豊島サイクルでも聞いてみたのですが、やはり「今日はいっぱい」との事。
一応この日は3連休最初の土曜日だったので、そのせいもあったかもしれません。


結局港の案内の人に助けてもらい「安岐石油」というガソリンスタンドで自転車借りることが出来ました。
電動1日1300円。
10時40分出発→16時30分返却。
ご夫婦?の奥さんと思われる方が貸出時に島の説明をしてくれたのですが、親切なうえ分かりやすく島内説明して頂けて良かったです。

まず最初に豊島美術館へ。




DSCN0511.jpg 
↑周りの棚田は一応散策コースになっているようです。

電動自転車ってこれが初めてだったのですが、
ペダルを踏むと一気に加速します。ちょっと怖いくらい。

DSCN0518.jpg 

SNSでよく見る坂。
ここから唐櫃まで下り坂で、浮かれた外国人による事故が多いらしいです。

DSCN0537_2018102616170780f.jpg 

☑豊島美術館

11時すぎに到着。
チケットは並ばず購入。「母体」に入る前に10分位待ちました。
所要1時間半くらい。午後にも再入場。
晴れてきて暑くなったので、風と見上げる青空が気持ち良かったです。

撮影不可なのは残念ですが、ここに関しては確かに、
シャッターを切りまくる人が出てしまうと雰囲気台無しだと思うので仕方ないかと思えました。

連休最初の土曜日だったので混んでたらどうしようと思っていたのですが、
実際ゆっくり静かに訪問できたので良かったです。

DSCN0534.jpg 

…しかし前回からしつこいですが、チケット1500円はちょっと高い。


↓坂の途中。本当晴れて良かった。
DSCN0547.jpg 

唐櫃(からと)側到着。
集落の間を自転車を押して進む。ひなびた感じで良い。

DSCN0548.jpg 

DSCN0550.jpg

DSCN0554.jpg

DSCN0556.jpg

DSCN0558.jpg 

↑例のバスケットゴール。
バスケには嫌な思い出しかありませんが、これなら私も楽しくシュートできそうです()
次は「心臓音のアーカイブ」へ向かいます。

DSCN0563.jpg 

DSCN0562.jpg 

DSCN0567.jpg 
↑「アーカイブ」前の海。まぶしい。

☑心臓音のアーカイブ。

(500円払ってしまった為頑張って)10分ちょい居座ってみたのですが、???で終わってしまいました。
大体皆、3分位で出ていきます。
私もお金払ってなければ、30秒ぐらいで出てくるところでした。

一応他人の心臓音も聞いてきましたが、あんまり面白くなかったです。




この辺りで14時半くらいだったと思うのですが、もう行きたいところがない…。

勿論行こうと思えば他にもいろんなアートスポットがあるのですが、
直島も含めて、ここまでが☑した所が値段の割りには…、という感じだったので。
1か所だいたい500円なので、無職には痛いです。次の犬島もチケット2000円だし。

…なので夕方まで島内散策することに。


DSCN0572.jpg 

坂道(再)
豊島美術館に再入場。
光の向きが変わったので、ちょっと雰囲気が違いました。


DSCN0581.jpg

島キッチンエリア。
知ってはいたのですが、ストームハウスが閉館中で残念。

DSCN0590.jpg 

DSCN0584.jpg 


檸檬ホテル。(外観のみ)

DSCN0593.jpg 

評判良いらしいのですが、ネタバレ読むと間違いなく私向けではない。

「2人でカップルになりなさい。
 相手がいない場合は、
 現れるまでしばし待つ。」

ほんとむり。


…16時30分、家浦港まで戻ってきました。

DSCN0614.jpg 

DSCN0617.jpg

自転車の電池が心配だったのですが、返却時の電池残量は90%。余裕でした。
今これ書いていて知ったのですが、島の展望台も良いらしいです。


↓直島豊島共に猫の島と聞いてはいましたが、見つけた猫だまりはここだけでした。
DSCN0613.jpg 

猫はちょっと素っ気ないくらいだったのですが、
写真のお兄さんはリュックの調整紐じゃらしで猫と仲良くなっていました。
ちょっとうらやましい。


疲れたので18時ごろお風呂をお借りしました。
湯舟に浸からせて貰えてよかったです。




〇とまったところ

民泊 緋田さん家

DSCN0623.jpg 

DSCN0498.jpg 

1泊3000円+朝食500円。
朝食はハナエさんと一緒に作ります。
普通の民家でしたがお部屋はきれい(トイレ、洗面台付き)で良かったです。





関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント