FC2ブログ

記事一覧

2020年春 銀閣寺(東山慈照寺)



1日目

☑銀閣寺(東山慈照寺)(2) ★★★★


主に庭
室内、屋内を見ることは出来ない
☑御朱印



お寺どうこうの前に、

訪問時は既に除菌スプレーの利用が当たり前だった時(転売最盛期)で、ちょっと客が途切れた時の、
受付の人の「何でみんな直接お金渡そうとするんやろうなー(笑) トレイ見えてないんかなー(笑)さんっざんコロナコロナ言うとるのになー(笑)」みたいなやり取りがちょっと不快だった。
言い方。その言い方!

お金直接やり取りしたくないならその旨トレイに書いておけば良いし、それにこの後の寺社はみんなお金も御朱印帳も普通に手渡しだった。
私は御朱印窓口の方にいたので、奴らは誰も聞いていないんだろうと思っていたんだろうけど、寺の窓口やってるんだからもう少し気を付けて欲しいと思う。


DSCN0215-a.jpg


参道の「銀閣寺垣」…よっしゃ人がいない!
拝観受付はこの先。

DSCN0216-a.jpg


ここは特に桜要素がある寺ではないけど、ちょっと他の見所寺院と距離があるので(後日またここまで来るのが面倒なので)拝観。
前回訪問は高校の修学旅行の時で、まだ朝早かったので↑の参道がまだきれいに整えられていた。
ガイド兼ドライバーの方が「朝イチだと箒の跡がまたきれいなんですよね~」と言っていたのをよく覚えている。

前回は初京都だったこともあって「うわ侘び寂び素敵!」とか思ったはずなんだけど、
今回の第一印象は「あれ、こんな地味だったっけ…?」
京都最初の寺だったので、ちょっと期待値が上がりすぎていたのかもしれない。
近くで見ると本当に古い。


DSCN0219-a.jpg DSCN0224-a.jpg

DSCN0230-a.jpg


向月台。これは良く覚えてる。
有名処なので(そして記憶もあやふやなので)再訪したけど、期待して来たのでちょっと肩透かし感はあった。
銀閣とその前の白砂の庭がメインなんだろうけど、こんなこじんまりしてたっけ…。
前回来た時はもっと広々していた気がしたんだけど。

DSCN0233-a.jpg


窓からお庭を覗く。
こういう「周りの枠ごと奥の景色を撮る」というのが私には何だか難しくていつも焦る。
「人が来ないうちに撮らなきゃ」とか「誰かがきて私と同じ構図を撮り始める前に撮らなきゃ」とか。
今は人が少ないので、こういう場面でもストレスフリー。


コロナのせいかは分からんけど本堂は閉まっていた。
東求堂(国宝、日本最古の書院造)も地味すぎてスルー。
こちらも閉まっていたが、内部はこんな感じ↓らしい。

20180127225428b95.jpg

田舎の親戚の家、といってもわからない感じ。めっさシンプル。


DSCN0234-a.jpg

DSCN0236-a.jpg

DSCN0245-a.jpg


外国人グループがいて、本当に会話中「silver temple…」と言っていた。
金閣はともかくこちらは「silver temple」の認識で来るとがっかりするのでは、と思う。
縁側に腰かけられるとかなら良かったんだけど、正直私庭そのものにはあまり興味ないっぽい。
天気のせいもあってますます落ち着いた感じに見える…。

どこかで見たけど「名前が銀閣寺でなければ、ここまで有名にはならなかったのでは」というのは確かに。

DSCN0238.jpg


DSCN0251-a.jpg

DSCN0278-a.jpg

DSCN0255.jpg

↑中央下の石の上にお金を載せることが出来たら云々…というやつ。
きらきらしていてきれい。

DSCN0272_202005111949542c0.jpg


丘から。前回は確実にこちらには来なかった。
まあまあ見晴らしは良い。
敷地、というか庭自体は広いけど、興味を持って見れるのはやはり池や白沙周辺。
だから多分前回もそのあたりしか見なかったんだと思う。

裏山は思ったよりも苔とか緑が多かった。
もうちょっと新緑が始まっていればまた印象違ったかも。

DSCN0275_20200511194956c95.jpg

DSCN0266-a.jpg


DSCN0283-a.jpg

池を挟んで。角度的にはこの池(錦鏡池)のこちら側から見るのが一番いいと思った。
↑がちょっと日が差した時の写真で、↓が日が隠れてしまった時の写真。
並べるとやっぱり全然違う。

DSCN0288.jpg


DSCN0291.jpg

出口手前のお土産コーナー。
インバウンド狙いなのか?結構いい値段の仏教グッズが並べられていた。店内の写真は不可。





関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント