FC2ブログ

記事一覧

16日目、ギリ(アイル)からウブドへ移動


DSCN3340.jpg 

朝ご飯。
1泊18万ルピーだったので、(いつもと比べると)いくらか贅沢。


帰りのボートの予約は、港近くのエカジャヤオフィスで出来ます。
一応営業時間は10時~17時らしい。
(私の時は)予約といっても明日○○時の便に乗りたい、バリ島内の○○まで送迎して欲しい、と口頭で伝えるだけ。

引き換えのチケットとか用紙の類は貰えませんでした。
向こうも特にメモしたりする様子もないので、別にオフィスに行かなくてもいいのかも?

バリ島行きのボートは、10:30、12:30、14:30の3便。ただしこれは集合時刻。
実際に出発するのは集合時間の1時間後(11:30、13:30、15:30)です。

当日一応1時間前に船着き場に向かいましたが、案の定1時間以上待ちました。
特にチケット引き換えたり、何らかのチェックイン作業がある訳でもなかったです。
行き先のシールとか、リストバンドとかも無し。

DSCN3353.jpg 

確かボートが出発したのは12時近かったはず。

私はウブドまで送迎してもらったのですが、なんだかんだで着いたのは17時近かったです。
ウブドでの降車場所はcocoスーパーの駐車場。
私は王宮近くの宿を予約していたので2km程歩きました。
降車場所の確認もしとけばよかった。

DSCN3356.jpg
 
ギリアイルの沖でボートの乗り換えがありました。
写真のでかい筏みたいの↑から、スピードボートに乗り換え。

DSCN3359.jpg

ロンボク島に寄ってからパダンバイ到着。

預けた荷物をピックアップしたあとは、目的地ごとに送迎車に向かうのですが、
これがはっきりと案内してもらえる訳では無いのでちょっと面倒でした。

港の桟橋から「エカジャヤ?、チケット?」と声をかけられるのですが、
(多分ですが)これの大半が送迎サービスではなく、ぼったくりタクシーのドライバー。

「ウブドまでは送迎バスだと3時間。タクシーなら1時間半で行ける、50万ルピアだ」
「送迎バスだと乗客をそれぞれのホテルまで送っていくので時間がかかる、タクシーなら40万ルピア」
とか。


暑いし混雑していて、どれが正しい送迎サービスのドライバーなのかよく分からなかったです。

最終的にはぼったくり野郎に捕まっていたところを
(多分)正しい送迎係の人に声を掛けられて車まで連れて行ってもらえました。

しばらく見てるとこの(多分)正しい送迎係の人の前でも、平気で「ウブドまで3時間」と営業しており、しかも係の人(多分)も特に反応する訳でもなかったので、そんな感じなんだと思います。

実際出発まで(人数は揃っていたのに)30分ぐらい待ったので、時間が無いor人数が多いとかだったらタクシーでもいいのかも。
私が乗ったのは普通の乗用車で、客は私を含め4人でした。一応エアコン付き。
送迎車と聞いて勝手にミニバンとかミニバスみたいのを想像していたのですが。

15時半にパダンバイ出発。
ウブドまでは1時間30分だと聞いており、実際17時頃に到着しました。
(エカジャヤでは)一番早いボートに乗ってこの時間。
お昼ご飯食べるような感じでは無かったです。

DSCN3366.jpg 

DSCN3367.jpg 

ウブド着。
なんか思ってたより車が多い…。

DSCN3406.jpg 
パン屋さん(日本語)。だいたい一つ1万Rp前後。
宿の近くを散歩していたところ、ケチャダンスの案内をしていたので見に行くことにしました。





〇タマン・カジャ(Pura Dalem Taman Kaja)

演目はケチャックダンスとトランスファイアーダンス。

DSCN3486.jpg

 DSCN3393.jpg

開演前に様子見に来ました。
既に花びらが撒かれています。

19時30分開演。チケットは75000ルピア。
40分前に到着、最前列に着席。そこそこ座席は埋まっていました。
一応歩き方にも載ってます。会場こじんまりしてはいますが迫力あって良かったです。

DSCN3413.jpg 

開演前。
そういうものなのかもしれませんが、みんな割と平気で花びら踏みつけて歩いてます。
私はちょっと気にしてしまう。

DSCN3414.jpg 

DSCN3415.jpg
大体の流れはウルワツと一緒。

DSCN3419.jpg 
たくさん写真撮ったのですが、後でよく見たら一様にホラー風味で残念。

DSCN3476.jpg 
ケチャダンスの後にファイアーダンスが見れます。

火のついた棒回したり、火の上を歩いたり。
ココナツの殻?に着火するのですが、(一応)仕切りがあるのは、これが客席に飛ばない為の配慮だと思われます。
最後トランス状態になった男性がこのココナツを蹴り飛ばして見せるのですが、(やっぱりというか)客席までそれが飛んで女の子が泣いてました。演出ではなく事故です。

トランス状態のおじさんもちょっと焦っているように見えました。
私も一応ウルワツ寺院で穴の開いたTシャツを着て行ったのですが、今回は無事で良かったです。

↑の写真の人が終演後、謝りに行ってました。

DSCN3481.jpg 

おしまい。
中央の頭に白い布を巻いている人がトランスの踊り手。
一緒に写真取れます。




〇泊まったところ

DSCN3377.jpg 

DSCN3386.jpg

最初の2泊は15万ルピア。以降は13万5000Rpにディスカウント。朝食付き。
結局7日間ここに泊まりました。
王宮近くに泊まったのですが、やはり便利で良かったです。



関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント