FC2ブログ

記事一覧

リラの僧院と宿坊泊



2019年7月17日 快晴

112日目、ブルガリア7日目(後編)

サンダンスキ→ブラゴエフグラッド→リラ村→リラの僧院


11時30分サンダンスキ出発
13時 ブラゴエフグラッド出発
13時40分 リラ村到着
15時10分 リラ村出発
15時40分 リラの僧院到着

サンダンスキ→ブラゴエフグラッド 
ブラゴエフグラッド→リラ 2
リラ村→僧院 
パン3つ 5
水1.5L 1
修道院一泊 15



僧院到着。
正面の門と屋根の一部が工事中だった。

受付が開いているうちに宿泊したい旨を告げる。
今回は15レヴァで、5つベッドがある部屋だった。
simのおかげでネット環境あるし、ちょっと延泊してもいいかな…とか思ってしまう。


前回来た時は(こちらの人にしても)かなり背の高い修道士さんがいて印象に残っていたんだけど、
今回もその修道士さんを見かけた(当たり前か)。
ずーっと365日ここで生活しているのかは知らないけど、こういう山奥で毎日祈って暮らすのはどういうものなんだろう、と思う。
1年くらいだったら、私も山寺とかに引きこもって暮らしてみたい。


リラの僧院(Rila Monastery)

DSCN0141.jpg

午後なので順光の上に人少なめ。
初めて見た時は、こんな山奥にこんな素敵な修道院が…!ってものすごく感動した。
修道院の建物自体も印象的だけど、やっぱり背景の山々があっての景色。
やっぱり夏山最高。

高地にあるのでこの時間だと、もう日陰は涼しいくらい。

DSCN0142.jpg

DSCN0151.jpg

宿泊階の廊下。
季節のせいか前回よりも若干宿泊客が多い印象。
前回は宿泊階以外を歩いても何も言われなかったけど、今回はあまり部屋周辺以外を歩かないよう注意されてしまった。

DSCN0153.jpg

宿泊して良かったと思えるのは、やっぱり僧院の上階を普通に歩き回れる事だと思う。
前回工事中だった裏口側の宿泊棟も今回は歩けた。
もうヨーロッパも終わりだけど、最初のイタリアから比べると、やっぱりだいぶアジア寄りになってきたなと思う。

DSCN0155.jpg

DSCN0159.jpg

展望台とかテラス的なもの。装飾が素敵。
人がいないのでテラスも景色も独り占め。2回目だけどテンション上がる…!。
まわりに人がいないだけで、ぐっと目の前の風景に集中できるようになる(気がする)

DSCN0164.jpg

DSCN0180.jpg
↑前回は工事中だったエリア。違いを探すのも面白かった。


DSCN0213.jpg

見学時間としては16時前後が一番いいかも。
人少ないし回廊に西日が差し込んでとても鮮やかに見える。

DSCN0218_20200220195924ce8.jpg

DSCN0219.jpg

DSCN0224.jpg

DSCN0256.jpg


DSCN0272.jpg


DSCN0175.jpg

DSCN0176.jpg

DSCN0332.jpg

今回は屋根裏に上がる階段も見つけた。登ってみたけど真っ暗で何もない…。
梁に後ろ頭ぶつけた時は「もしかして他に誰かいるの!?」とかパニックになった。
勝手に上がり込んでるの私なのにー。

DSCN0344.jpg


rila01.jpg

聖母誕生教会内部。昨日に引き続きここもノーフォト。
教会内でカメラを構える←たくさんの観光客が祈りの場でそれをやると迷惑、だからなのか
単純に神聖な教会内の写真を撮影、公開するのが駄目なのか…。

どんなにその場で感動しても、絵が無いと私絶対に忘れてしまうので写真不可なの悲しい。
一度来たはずの場所なのに、やっぱり内部の印象はだいぶ薄くなっていた。
内部のイコノスタシスすごい。昨日行ったロージェン修道院がかすむ。

rila02.jpg

rila03.jpg


17時からミサ開始で、50分までずっと見学。
途中修道士の方が私の前でも香炉を振ってくれた。非クリスチャンなのに。

ミサが終わると本当に人が減って雰囲気変わる。7月半ばだけど、半袖だとかなり寒い。
暗くなってから外のレストランに行ってみたけど、すでに閉まっていたので食料持参して正解だった。

ライトアップ、というか僧院のライトが灯る瞬間見ようと思ったんだけど、部屋で仮眠している間に暗くなってライトも点灯済み。
私の手持ちだともう暗くて写真撮れない…。

暗くなった宿泊棟内をもう一周散歩して22時就寝。




○とまったところ(リラの僧院)

僧院の宿坊

DSCN0144.jpg

一泊15levで、なんか前回より安くなっている気がする。
使っていないがシャワー室もあった(前回は無かったような気が…)。
2回目だけど僧院の階上散歩するのは楽しい。
夏だけど、夜は手持ちのダウンとパーカー着ても寒いくらいだった。

DSCN0150_20200220195730882.jpg

DSCN0143.jpg





関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント