FC2ブログ

記事一覧

イスタンブールのトルコランプ工場(バザール相場よりも格安)



2019年7月30日 晴れ時々強雨

125日目、トルコ5日目

トルコランプ 170
イスタンブールカード 10
カードにチャージ 5
チキンピラフ 7
レモネード 1



前回のランプ工房についての日記。


DSCN3407.jpg

購入したランプ↑(170リラ、約3100円)。光の広がり方がきれい。
これも十分素敵だけど、もしトルコからそのまま帰国だったら、これよりもう一回り大きなランプにしたし、あともう一つモザイクタイプのランプも欲しかった。


アクサライでトラムからメトロM1線に乗り換えてsagmalcilar(Sağmalcılar)で下車。
最寄駅から工房までは10分くらいだった気がする。
支払いは現金のみだったけど(2019年7月)この最寄り駅にもATMはあったような…。


DSCN3327_20200211191811d86.jpg


前日グランドバザールでランプ物色しまくったんだけど、造りの割に値段が高すぎると感じて結局買わずじまい。
それでもエジプトとかモロッコのよりはマシだった気がするけど。

ホステル戻ってから調べたら、日本人のブログで「良いランプの直売工場あるよ」みたいなブログを見つけたので行ってみる事にした。
多分工房名は「Karlık Turistik Telkari」であっているはず。

「Mozaik Cam Lamba Imalat, Mosaic LampManufacture, Turkish Mosaic Lamp Export, Karlık Turistik Telkari」


DSCN3330.jpg

入り口。
思ったよりも小さな建物で、一階が在庫と展示、地下が作業場。
愛想の良いOmar氏が工房や作業場の案内をしてくれました。
昼すぎに尋ねたところ、昼休憩という事でオマール氏以外は不在。

DSCN3331_20200211191814853.jpg

銅製のパーツ。線上の銅線を手作業で丸めて組み合わせていく。
なぜか私もやってみるように言われてやってみたけど、結構面白かった。

DSCN3332.jpg

工房内。帰国後確認したらなんか色合いがいまいち。最初からスマホで撮れば良かった。
部屋中のランプが付いているのは「おおっ」となるけど、一気に体感温度上がる。暑いよ…。

DSCN3410.jpg
オマール氏のお兄さん(だったはず)。

DSCN3334.jpg

置くタイプのランプたち。
元々優柔不断なうえ、色々あって迷いに迷う。
明かりがついている時はモザイクタイプの方がそれっぽいけど、
明かりつけていない時は普通のヒビガラスの方がいいかな、と思ったり。

DSCN3336.jpg

案内してくれたオマール氏。
私英語駄目なのでその点が心配だったけど、ゆっくり分かりやすく話してくれたので特に困る事は無かった。


DSCN3344.jpg

結婚式とかで使うティアラ↑とか色々↓。こういうのもここでつくっているらしい。

DSCN3346.jpg


DSCN3350.jpg

DSCN3355.jpg
↑細かいワイヤー細工がすごくきれい。

置いてあるのは主にこのハンドメイド(主にワイヤー部分)のランプ。
バザールでは普通に見かける中国製?っぽいランプはあまり置いてない。
家の天井高ければこういうのもいいなあ…。


DSCN3389.jpg

確か一番小さいので最安7ドル~、バザールとはえらい違いだな。
商品写真と値段が記載されたカタログがあるので安心。
電源コードも日本タイプのものに変えてくれた。



↓地階の銅パーツ加工場。

DSCN3369.jpg
まず銅線を引き延ばす。

DSCN3374.jpg

銅線パーツをはんだ的なもので固定。
一気に色が変わっていくのが面白かった。

DSCN3375.jpg

DSCN3378.jpg

ここではこういう金属細工を主に行っているらしい。
ランプのシェードというか、モザイク以外のガラスで出来たカサ部分は他所製っぽい。


DSCN3390.jpg

DSCN3391.jpg


DSCN3393_20200211192032b3f.jpg

このやたらと若い男の子(右)も職人。なんだかシャイな感じの子で可愛かった。
こういう時はやっぱり言葉通じると面白いだろうな、とも思ったり。
途中チャイやアイスも出してもらった。

ランプ購入後、仕上げに銅パーツ部分にニスを塗ってもらうんだけど、
ちょっと塗りが甘いところがあって直してもらうよう頼んだら、上塗りしたニスが下のニスを溶かしてしまって余計に修正不能に。
一度パーツ取り替えてもらったんだけど、せっかく塗ってくれたやつだし、それも含めてのハンドメイドなので結局元のに戻してもらった。

お手数お掛けしました。


トルコランプ工場

↑工房の人達、と私のランプ。みんな若い。
こういう仕事や職場、うらやましいな、と思った。
気が付けば3時間近くここで過ごしてしまって、もしかすると作業の邪魔をしてしまったかもしれない。

購入後、良ければgoogleにコメント書いてくれないか、と言われたんだけど結局そのまま…。
検索で出てきたブログは1件だけだったけれど、ここを読む限りは日本人もぽつぽつ訪れているよう。
これ読んでくれている人なんてごくごく少数だろうけど、ここの工房おすすめなのでぜひ行ってみて欲しいです。
これもご縁ですよ。






関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント