FC2ブログ

記事一覧

離島巡り2島目、ギリ・メノ①



移動日の朝から。
写真多く載せたいので2記事に分けました。

DSCN2842.jpg 
朝ご飯食べてから移動準備。
今旅行初の「宿での朝ご飯」です。
パンケーキを頼んだらこれが出てきました。
非常に物足りないですが、甘くて美味しかったです。

DSCN2846.jpg 
親切な宿の兄さん達。
今回のロンボク地震でギリも被害が出ているようなのですが、大丈夫でしょうか…。

DSCN2852.jpg 
写真撮ってたら最後になりました。こういう場面撮ってる人って意外と少ない。
ギリ・メノへのパブリックボートは、9:30発→9:50着と、16:00発→16:20着の2本。35000Rp。
朝一番か、それか1日遊んだ後に移動できるので便利だと思います。

一応30分前にチケット買いましたが、10分前とかでも大丈夫そう。
同じ時間にロンボク島バンサル行きも出ます。

DSCN2854.jpg
思ったより空いている船内。バックパックも余裕で置けました。
窓に板が入っていない席は波しぶきがかかるので注意。
座席の隙間とか、あらぬところから浸水してきます。注意。





ここからギリ・メノ。

港、というか船着き場に到着。透明度たけぇ。
こじんまりしてます。個人的に「当たり」の島です。
DSCN2863.jpg 

DSCN2970.jpg 

DSCN2868.jpg
港の売店。浮輪とか売ってます。

DSCN2967_20180807000647f06.jpg 

DSCN2969.jpg 

DSCN2965.jpg 
メノ馬。

正味4日の滞在、内1日は休憩日になりました。
驚いたのはその休憩日にギリ全島(電源のロンボク島で何か問題があったようです)で停電し、
午後17時位から以降寝るまで電気が使なかったこと。

近くの安食堂も営業停止で、この日は夕飯を食べ損ねました。
停電自体に驚くのではなく、自分が巻き込まれたという事にショックを受けたみたいです。

ホテルのにいちゃん曰くたまーにあることらしい。
本当に真っ暗。

充電さぼってたのでスマホの電池も切れてしまい、サプライズキャンドルナイトで楽しかったです。
辺り真っ暗なので星がすごくきれいに見えました。
そこそこのホテルはちゃんと電気ついてましたが。


海に関してはその日その日のコンディションにもよると思うのですが、トラワンガンよりより透明度が高く、魚もそこそこいました。
防水カメラ持って行ったのに、写真が無いとか本当に(私って)残念。
でも浮いてるだけで楽しかったです。

初日はまず島巡り。
一番小さな島らしいですが、トラワンガンで学習したので一応自転車借りました(3万5000Rp)
自転車はタイヤが太いの(45000Rp)と普通の(35000ルピア)2種類。カゴありとカゴなしがあります。写真は前者。人様の自転車です。

DSCF4212.jpg 

DSCN2975.jpg 

DSCN2986.jpg 
島の東南。ちょっと波がある。
ギリTのブランコよりも、こういう素朴なやつが好み。待ち時間ゼロですよ。

DSCN3000.jpg 
島内の食堂。ここは最安メニューが25000Rpから。

DSCF4279.jpg 

DSCN2874.jpg
 
緑と小道が多い。
この時点では自転車で廻ってるだけなのですが、もう既にこの島好きです。

DSCF4193.jpg 

DSCF4213.jpg 

DSCN2925.jpg

DSCN3005.jpg 

しかも馬車も自転車も少ないので、自転車転がしやすい。
ただし島の外周はだいたい砂地。埋まる埋まる。

DSCN3003.jpg
島内の池。橋板が腐りかけていて踏み出せませんでした。
水も濁っていてなんだか怖かったです。


↓以下島内巡り(非ビーチ)

DSCN2981.jpg 

DSCN3002.jpg 
廃墟ではないようです。

DSCN3010.jpg 

DSCN3016.jpg

DSCN3068.jpg

DSCN3040.jpg 

DSCN3045.jpg 




〇泊まったところ

①Meno Heaven

DSCN2876.jpg 

DSCN2877.jpg

DSCN3015.jpg 
↑ホテルの近所。ローカル感が良い感じでした。

最初の2泊。直前割引で1泊あたり15万ルピア。
エアコンと真水(だと思われる)シャワーでこの値段でした。
部屋、というかバンガローなのですが、天井高くて広々してます。

港からはちょっと距離があるのですが、その代わりシュノーケルポイントまで徒歩3分。
突き当たってすぐの海がシュノーケルポイントです。
近くに安食堂や売店もあります。おすすめ。


Casablanca Hotel and Restaurant


DSCN3055.jpg 


DSCN3057.jpg 

最後の1泊。↑の宿で延泊しようとしたら料金が跳ね上ったので移動しました。
13万5000ルピアで朝食付き。
敷地内猫がいっぱいいます。
ホテル and レストランと謳っていますが、レストランは営業していませんでした。

シャワーが海水なのがとても残念。真水が出てたらもう1泊してたかも。
オーナーのおじさんがちょいちょい日本語喋ります。






関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント