FC2ブログ

記事一覧

マイソール、郵便局と微妙だったシュリーランガパトナ(スリランガパトナ)



2019年2月7日 晴れ

インド25日目


もう後何日もないけど、行きたいところは余裕を持って回れるはず。
エジプト行くより、もう少しインドに居たい。


10時30分→11時 お土産
11時30分→12時15分 郵便局
13時 お昼ご飯
15時→17時 シュリーランガパトナ
17時30分→18時50分 市場周辺


ビリヤニ(昼) 100、リムカ 20
マイソール→シュリーランガパトナ(行き25)(帰り32)
ジュースとお菓子 65
バターカリー 50


朝8時起床。そこそこ眠れた気がしたけどまだ眠い。
「cauvery」が10時30分開店なので、それまでもう少し眠る。

店に行く途中で郵便局を見つけたので中を覗いてみる。
送りたい荷物だけ持っていけばここで梱包もしてくれるらしい。
もしかしたらこれから行く「cauvery」でも何か買うかもしれないので、ここは一旦後回し。


DSCN3818.jpg


DSCN3823.jpg
10分前到着。お店自体は開いてたけど、思っていたより狭い。

DSCN3821.jpg

入り口の像、これも売り物らしい。
今気が付いたけど、もしかしたら店内写真禁止だったのかも。

DSCN3822_20200129172709d60.jpg

店内の様子。全部に値札が付いている。
木彫りのガネーシャか象の置物が欲しかったんだけど、ここでも気に入ったのが見つからなくてやっぱり何も買わなかった。
コーチンの方が欲しいと思うものがたくさんあった感じ。

本物のサンダルウッドは掌の半分くらいの大きさでも高かった。
普通の木彫りのは1800〜4000ルピーくらい。
マドゥライの遺跡市場のおばちゃんの言い値は適正価格でした。


一度宿に引き返して、荷物を持って郵便局へ。
邪魔とかいう以前に、お土産が増えて(しかも壊れ物が多い)そもそも次の飛行機の手荷物重量制限にかからないかが心配。
この時はまだエジプトでもランプ買予定だったし。

DSCN3827.jpg

↑受付。ここで必要書類を貰って記入。
インドの郵便局なのでもっと混沌としている感じかと思ったけど割と普通だった。

DSCN3824.jpg

DSCN3826.jpg
↑一番右が梱包おじさん。


書類記入まですませたけど、結局郵送はしなかったというか、出来なかった。

一番重くて嵩張るテラコッタの置物が、壊れ物という理由で梱包拒否されてしまったから。
後は神様の額(2枚)とランプと本。これだけだとわざわざ送らなくてもなあ、という感じ。
新聞かなにかで何重にか包めば大丈夫そうな気がしたけど、「(多少なら)割れてもいいから梱包して欲しい」としつこく頼んだら梱包係のおっさんがキレ始めたので諦めた。

この時は荷物が邪魔で仕方なかったから「送り手が壊れてもいいから送れって言ってるんだよ!」とちょっと頭に来たけど、冷静に考えたら、やっぱり壊れ物は送るべきではない…。
おじさんすみませんでした。

確かに用意してくれた段ボールはペラペラだったし、緩衝材も新聞くらいしかなかったので仕方ないといえば仕方ないか。
梱包前に送り先と発送元の書類記入、それとパスポートのコピー。
後順番待ちで時間かかったけど無駄になってしまった。あー。


この時点で24時間制のチェックアウト時間過ぎてしまったので、ここでもう一泊する。
でも特にもう見たい所ないんだけどなあ。


DSCN3828.jpg
昼ビリヤニ。肉が大きめで美味しかった。


午後からはソームナートプルとどっちにするか迷ってシュリーランガパトナへ。
セントラルバススタンドから乗車。

DSCN3831_20200129172700dd2.jpg


○シュリーランガパトナ(Srirangapatna)


DSCN3832.jpg

ここから城壁内部へ。
正直ここは普通につまらなかった。
城壁外に行かなかったので、もしかしたら城壁外の見どころは違うのかもしれないけど。
昨日のチャームンディーの丘も微妙だとは思ったけど、それ以上に面白くなかった…。

DSCN3834.jpg

DSCN3836_20200129172704476.jpg

↑ジャーミア・マスジット↓
これを「歩き方」で見て、行ってみようと思ったのに…。
建物は鍵かかってたし、敷地内は子供の遊び場になってた。

DSCN3839.jpg

DSCN3843.jpg

DSCN3844.jpg

DSCN3848.jpg
ランガナータ寺院手前の緑地帯。

DSCN3849.jpg

DSCN3853.jpg

DSCN3858_202001291729181f1.jpg
ランガナータ寺院。16時前なのでクローズ中。ちょっと時間もてあますなー…。

DSCN3856.jpg

DSCN3865.jpg


DSCN3869.jpg

DSCN3871.jpg
川沿いの寺院。

DSCN3872.jpg

DSCN3873_20200129173020e97.jpg
洗濯する地元の人。

DSCN3874.jpg


DSCN3877.jpg

なんか見どころの一つ。多分「ベイリー大佐の牢獄」

DSCN3879.jpg

中には特に何もない…。
社会科見学の子どもグループとかち合ったけど、みんな一瞬で出て行った。

DSCN3880.jpg


16時を過ぎたのでランガナータ寺院が開門。
そこそこ人が列を作っていたけど、みんな地元(もしくは近郊)のインド人っぽい人たちばかり。
観光客っぽいのは見かけなかった。みんな普通にお祈りが目的のよう。

DSCN3906.jpg

DSCN3903.jpg

DSCN3902.jpg

DSCN3894.jpg

「写真撮って」と声を掛けてくれた人たち。

DSCN3899.jpg

DSCN3910_20200129173230c36.jpg

寺院前の観光用の馬。
こういうのがいるってことは普段はもうちょっと活気がある場所なんだろうか。

DSCN3911.jpg

なんか疲れた…。結局城壁外には行かず。
帰りはシティバススタンドまでのバスがあったのでそれに乗車。





関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント