FC2ブログ

記事一覧

コーチンからマイソールへ、夜行バスで移動(あとインド初Uver)



2019年2月5日(夜)

インド23日目


夜23時のバスでコーチンからマイソールに移動する。


DSCN3543.jpg

↑バスのチケット↓
てっきりエルナクラムの駅周辺からの出発だろうとか思っていたら、そこそこ距離のある場所だった。
「Vyttila」というのは多分地区名。
「PowerHouse in」というのはそこそこでかいホテルの名前。

DSCN3545.jpg


結局バスが出発する「Vyttila,PowerHouse in」までUberで行く事にしたのだけど、
19時30分、試しにアプリ開いてみたところ、近くに車マークが無い!
17時頃見たときは6台、7台近所うろうろしてたのに。観光エリアだからか?
呼び出して3分放置しても応答無し。

慌てて調べたところ、予約配車とかも出来たらしい。
Uberどこでも呼べるしいつでも来ると思っていたので、まだ時間あるけど焦る。
出発21時頃でいいかなと思っていたけど、もしUber呼べない場合、自力で(リクシャかバス)エルナクラムまで渡らないといけない…。


ネットでちょっと検索した後、とりあえず再度配車希望出す。
今度は4分くらいでアプリから応答が来た。なんか心配なのでカードは登録せず現金決済。
「ドライバーがそちらへ向かっています、15分で到着」のメッセージ。
初めてだからよく分からないけど、上手くいったという事で良いのか。
ドライバーはそこそこ実績のある人で、星が4つ星半だった。

本当は配車予約にしたかったんだけど、よく分からずに「すぐに配車」になってしまった。
向こうでの待ち時間が大分長くなるけど仕方ない。
どこのサイトにも「Uberは簡単」とかあったので舐めてた。


「到着まで後1分」、宿の前で待っていたら、こちらの様子を伺いながら車が近づいてきた。
車体横にUberのナンバーが貼ってある。
車内は普通にきれいで、車内のバックミラーに十字架が掛かっていた、なんかちょっと安心。

20時前乗車。20時35分、あっさり旅行会社オフィスに到着…。
Uver登録車だったからか、(インド人とは思えないような)とても丁寧な運転だった。
カード決済登録していなかったけど、おつりもきちんと渡してくれた。

ついでに旅行会社(建物の2階で分かりにくい場所にあった)も一緒に探してくれる。
評価が気になる、という事ももちろんあるだろうけど、なんだか親切な人で良かった。


DSCN3547_20200128185439d38.jpg
旅行会社のオフィス兼待合室。

DSCN3546_202001281854384ab.jpg

↑がいっぱいだったので、この外のテラス兼がらくた置き場みたいな所で待機。
蚊がたくさんいてうんざり。


23時出発なので、あと2時間半。
オフィスの下に一応食堂と売店とトイレがある。万が一のこと考えて夕飯は食べない。
Laysの大袋が今日の夕飯と明日の朝食。

バスが来たのは23時15分だった。

DSCN3550.jpg

座席自体は一番前の窓側の席。
何も考えずにこの席にしたけど、対向車両のライトがいちいちまぶしかった。

隣が肘掛け侵犯してくるタイプのおばさんで、そもそもセミスリーパーなのもあって眠れない。
寝つき悪いし、平らな場所で横向きにならないと眠れない。


その後深夜2時頃「トラブル!」で、停車→バス乗り換えが発生。
乗り換えた後のバスの方が汚かったけど、座り心地が良かったのはこっち。
それぞれの荷物を持ってバス移動、乗り換え先のバスでは、意外なことにみんな乗り換え前と同じ席に座っているようだった。
せっかく隣の侵犯おばさんを振り切れるチャンスだと思ったのに。

この人肘掛けはみ出すし、通路側なのに(私が窓側)なぜかちょくちょくカーテンめくって窓の外を確認するしで挙動が気になって仕方なかった。
寝たら寝たで鼾うるさいし…。


結局眠れず、7時頃最初の停車地に到着。
ここでとなりのおばさんが下車してくれて助かった。

DSCN3555.jpg
朝ごはん。夜じゅう起きていたのでお腹空いて仕方ない。

DSCN3552_20200128185442229.jpg

8時30分くらいだったか、朝ごはんとトイレ休憩。
予定ならもうマイソールに着いているのに…。
1100ルピー出したのにちょっとハズレだった気がしなくもない。

DSCN3553_202001281854449b3.jpg

DSCN3554.jpg


結局マイソールに着いたのは10時40分、所要時間ほぼ11時間30分。長かった…。
マイソールではセントラルバスターミナルのちょっと北で降車。
コーチンからくると、ああインド戻ってきたな、という感じの街並み。
とりあえず横になりたい。





関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント