FC2ブログ

記事一覧

カニャクマリ(カーニャクマリ)から列車でヴァルカラ(バルカラ)へ



2019年1月30日 晴れ

インド17日目


カニャークマリ→ヴァルカラ(列車) 60
バルカラ駅から宿までリクシャー 80
ヴァルカラの宿 600
水2L 30
ジュース2本 70


9時 カニャークマリ駅到着
10時 カニャークマリ駅出発
13時 分 ヴァルカラ駅到着
15時→19時 崖観光



動ける程度には回復したので今日はヴァルカラまで移動する。
移動は大体大丈夫だけど、食べ物の匂いを嗅ぐと気持ち悪さを感じる。
ここも表記揺れ迷うけど、発音的にはヴァルカラよりバルカラの方が正しそう。
もうちょっと日数に余裕があれば「パドマナーバプラム宮殿」も行ってみたかった。


列車は10時出発で、カニャークマリが始発だったんだけど一応9時には駅に向かう。
途中すれ違ったおじさんに「バルカラ?」と聞かれる。おじさんなんで私の行先知ってるの?

列車のチケット自分で買うのは初めてだし、どのくらい駅が混雑しているかも分からなかったから。
実際行ってみたら駅構内も窓口も空いていて、全くインド感がしなかった。
駅舎も綺麗。 


DSCN2308.jpg

ヴァルカラまで切符一枚ください、で、何か聞き返されたんだけど多分座席のクラス聞かれていたんだと思う。
その時はよく聞き取れなくて、もう一度「ヴァルカラまで」と言ったら普通に60ルピーと言われたのでそのまま払った。なんか安い。


DSCN2314.jpg

10時発の電車だったけど、列車自体はもうホームに停まっていてみんな乗り込んでいる。
この時になって初めて自分の座席の種類が気になったけどとりあえず座席を確保する。
始発だったので発車時間になっても空いていて、窓際の一人掛けの席が取れた。
出発時は気にならなかったけど、こっち側の席は昼過ぎから太陽直撃で痛かった。

DSCN2316.jpg
トイレもまだきれい。

DSCN2318.jpg

DSCN2323.jpg
車窓から、カニャクマリ出てしばらくは田園の中を進む。

DSCN2327.jpg

初めは結構席に余裕あったけど、途中のトリヴァンドラムから一気に人が増えて通路が人でいっぱいに。
カニャークマリを出発してすぐ、車内がまだ空いている時は検札の人(サリー着用のふつうのおばちゃん)が来た。後は多分ノーチェック。というかぎっちりすぎて検札なんて出来ない。


これインド的には大したことないのかも知れないけど、私的には結構な乗車率。
座っていても顔面ぎりぎりにまで前に立っているおばさん(あとから私と↑の対面で寝ている男性との間に入ってきた)のお腹が迫ってくる。
混雑している様子の写真撮りたいなとか思ったんだけど、なんか失礼な気がしてやめる。

切符買った時は安いと思ったけど、下車時に乗車していた車両よく見てみたら「セカンドクラス」と書かれていた。私的には短時間でももう乗りたくない。
でもとりあえず時刻通りに到着したし、乗り換えも無かったので良し。

下車時、降りる人がいるのに、我先に乗り込もうとする人がいるのが本当疲れる。
しかもそういうのに限って、小汚いサリーの小さいおばちゃん。
こういうの見ると、自分を棚上げして「これだから汚い貧乏人は」的な事を思ってしまう。
ああ疲れた。


DSCN2330.jpg

ヴァルカラ到着。


駅に到着後、ホームで待っていたリクシャーのドライバーに勧誘された。
彼のおすすめゲストハウス(500ルピー)まで乗せて行ってもらって80ルピー。

宿のあたりも無かったし、荷物持って2km歩くのは体調面で不安だったので乗ることにした。
ドライバーの人の人相も良かったし。
1軒目は満室、2軒目は700ルピーと言われてたので、周辺で自力で探すことにした。
結局2軒目の向かいの宿が600ルピーで、部屋もまあまあ綺麗だったのでそこにする。

海まで、というか崖まで2、3分の場所だったので、(周辺では)あんまり安いところは見つけられなかった。疲れてるし。
だいたい700〜800前後からで、インドには珍しくドミトリー(Booking.comで探すと300ルピーとか)も結構あるみたいだった。
でも個人的にはこの値段差だったら個室に泊まりたい。


ヴァルカラビーチ。15時宿出発。

DSCN2341.jpg
ビーチまでの道。普通にビキニの欧米人が歩いてる。

DSCN2342.jpg

DSCN2344.jpg

2枚上のレストランの裏手から出てきて、出てきた所からの眺めがこんな感じ。
雰囲気といい去年のバリ島みたい。

DSCN2348.jpg

DSCN2350.jpg
崖の上の遊歩道。いかにも長期滞在者とかバックパッカーが好みそうな雰囲気。

DSCN2355.jpg

DSCN2356.jpg

DSCN2362_20200125204734994.jpg

DSCN2364.jpg
この先ブラックビーチ。ちょっとお腹が重くなってきたので引き返す。

DSCN2365.jpg

なにか食べたいような気もするけど、実際に料理が出てきた時のこと考えるとちょっと無理そう。
崖の上はほぼ土産物屋とレストランで、なんかチベット系の人とか店が多い感じ。
お土産にも南インドなのにチベットの仏像扱ってる店が結構あって、マドゥライで散財したのにまた何か買ってしまいそう。

良くも悪くも、値段が違うとやっぱり細かところとか顔の造りが全然違う。
仏像じゃ無いけど、ちょっと見た中では2000ルピー(言い値)のコンパスが欲しかった…。


DSCN2373.jpg

DSCN2379.jpg

DSCN2390.jpg

DSCN2394.jpg

DSCN2396_20200125204947656.jpg

DSCN2410.jpg

DSCN2415.jpg

ビーチには沢山の欧米人。ビキニ着てる人も結構いて、なんだかインドじゃ無いみたいな景色。
断崖の景色が売りらしいけど、私はそこまで崖にインパクト感じなかった。
バリの時も思ったけど、綺麗じゃ無い海にはあまり興味持てないのかも。


うっかり見てしまったのが、白人観光客一家が海水浴していて、その子ども(女の子)を全裸で遊ばせていたんだけど、それを(多分)インド男がさり気なくスマホで撮ってた。
他にも小さな子(男の子)は裸で遊んでいる子も多かったんだけど、それも多分隠し撮りしてた…。
本当にさり気なく、さらっとスマホで周囲を撮影する感じで撮ってた。怖い。
↑↑で寝ている白人のおっさんを撮った私がいうのもアレだけど。怖い。


DSCN2421_202001252049514da.jpg

DSCN2422.jpg

ビーチヨガの一団。
なんでわざわざ私の目の前で始めるのか。他にもスペース沢山あるのに…。


DSCN2431.jpg

15時から19時まで歩いたけど、大体のところは回れてしまった。
明日もう一泊する予定だったけどどうしよう。

この時間になってお腹空いた気がするけど、また吐いてしまったら、と思うと怖くて食べられない。
普通に空腹は感じるようになった気がする。




○とまったところ

Silver Sand Beach Resort

DSCN2339.jpg

DSCN2335.jpg

DSCN2337.jpg

(一応)ポーチ付き。夜は蚊がすごかった。
部屋が広いのと、国外観光客が多いためか夜は静かだった。
使ってないけどwifiもok。18日目にしてようやくwifi完備の宿。
sim買っておいて本当に良かった。





関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント