FC2ブログ

記事一覧

139日目、キエフから羽田へ帰国、あと機内映画の感想



8月13日
139日目
キエフ→ドーハ→羽田


機内ではずっと映画見てた。

出発は定刻通りだった。機内食一回目。
先のアエロフロートより機内きれいだし、エンタメも充実している気がする。


DSCN6559.jpg

機内食一回目。


朝5時ドーハ着。

DSCN6563.jpg

DSCN6564.jpg

DSCN6569.jpg

DSCN6575_20190921155757ea6.jpg

DSCN6560_20190921155755e64.jpg

乗換えは1時間40分。長すぎず短すぎずのちょうどいい時間。

DSCN6578_201909211559444d6.jpg

DSCN6583.jpg

ゲート手前の休憩所。ここまで寝てないし昨日も寝不足なのでさすがに頭痛い。
日本人もぽつぽつ見かける。なんだかすごく久しぶりな感じ。

DSCN6581_201909211559468cf.jpg


搭乗ゲート手前。着いた時は真っ暗だったけど夜明け。

DSCN6584.jpg

DSCN6585.jpg

DSCN6587_20190921155952ee7.jpg


DSCN6588_20190921155953e62.jpg

機内食2回目。白いご飯おいしい。

DSCN6589.jpg

機内食3回目。小鉢が海苔巻きと蕎麦(つゆ無し)。
配膳~食事中映画中断してたせいでファンタスティックビースト早送りしなきゃ見きれない…。


DSCN6590.jpg

DSCN6593.jpg

羽田到着。
疲れていたのでよく眠れた。しかし日本は湿気が凄い…。



ここから機内映画の感想

普段基本アニメしか見ないけど、飛行機乗ると割と新しめの映画が見られるからうれしい。
どうせ眠れないので5本視聴。さすがに疲れた。

見た後(もしくは読んだ後に)感想や内容を書くと良いらしいので今回からそうします。
普段頭使っていないのでこんな自分用まとめでも結構時間掛かった。
見てるときは「うわこれ面白い!」って集中していたはずなのに、いざ見終わってしまうとなんだか大した感想が出てこない。
これがアウトプットが少ない、ということなんだろうか。



◎アベンジャーズ/エンドゲーム(Avengers Endgame)★★★★☆

サノスに人類の半分が消されたところからのスタート。
キャプテンアメリカが加わり引退したサノスの元へ向かうも既にストーンは全て消滅。
ソーがサノスの首を撥ねるがもうどうにもならない、一度メンバーは地球に戻ることに。

その後(5年後?量子世界に飛ばされていた)アントマンが合流、自身の体験から「タイムトリップ」の可能性を発見。
スタークの協力でタイムマシンの開発を進める。
この間にキャプテンと和解、ハルクやソーなど他のメンバーに声を掛けて本部に回収。

タイムマシンが完成し、メンバーはそれぞれにストーンの回収に赴く。
時間移動に必要な「ピム粒子」が、一人一往復分しかないので失敗は許されない。

この過程でスタークは自分の父親と、スティーブはかつての恋人と、ソーは死んだ母親と出会う。
ナターシャは「愛する者の死」が条件のソウルストーン入手時に死亡。
ネビュラは過去の自分に同期されてしまい過去のサノスに計画がバレてしまう。


その後本部に戻ったメンバー、とりあえずストーンは全て回収できていたのでハルクがガントレット使用。
半分にされた人類は全て元通り。が、その直後過去のサノスが自身の軍勢を引き連れて登場。

アイアンマンとキャップとソーが3人がかりで立ち向かうもサノス相手に苦戦。
ピンチの瞬間、消滅していたヒーローたちが時空の穴から参戦。
「アベンジャーズ、アッセンブル!」で大群同士の最終決戦となる。
キャプテンマーベルも戻ってきて、サノスの宇宙戦艦を撃沈。

ストーンとガントレットがサノスに渡ってしまい指パッチン。
しかし何も起こらず、何故なら直前にスタークが全て自分の手元にストーンを移していたから。
間髪入れずスタークが「私はアイアンマン」、で指をパッチン。サノス軍は静かに塵となって全滅。

ヒーロー達のおかげで世界は無事元通りに。
アイアンマン→トニーがストーンの反動で死亡
キャプテン・アメリカ→人生やり直しで老化、サムに盾と称号を渡す。
ソー→ヴァルキリーに雷神の力と国王の座を渡し、自分はガーディアンズと宇宙に出発。


ここで一区切りらしいけど続編(あるなら)楽しみ。

長いけど長さが気にならなかった3時間。
寝てないせいで目が痛かったので、後で大きな画面でもう一度ゆっくり見たい。
ロキはやっぱり死亡確定だったようで残念。

無印アベンジャーズから7年。最初見た時は「なんだこのコスプレ集団は?」だったのに。
とりあえず今作が見れて良かった。大作は普通に面白い。



○エスケープ・ルーム 2019(Escape Room)★★★

冒頭、壁が迫ってくる部屋で少年が瓦礫とともに潰される…!

素性関係なしに集められる6人の男女。それぞれに面識はなく、実際無関係。
それぞれにパズルが送られ、それを開けると中には「一億円をかけたゲームに参加しないか」の手紙。
当日、会場控室に集まる6人。
いくら待ってもなんの案内もなく、メンバーの一人が部屋の外に出ようとするとドアの取っ手が取れて部屋に閉じ込められていることに気付く。

「脱出ゲームはもう始まっているんだ」と参加者たち。
ヒントを探すうちに仕掛けが発動、部屋全体が巨大な電気ストーブのようになり、熱さが命の危険を感じるほどに。
ギリギリで全員脱出するも、これは「ゲーム」では済まされないレベル。


応接室/電気ストーブ
全員脱出。水以外でもなんとかなりそうなのに。

→小屋→凍った池/氷が割れて水凍死
エリートのトラウマ。脱出ヲタが氷の下に落ちて死亡。

→逆さの部屋/床が抜けて墜落
トラウマ女が謎解きの為に墜落死。

→病室/毒ガス
おじさんがエリートに殺されるもそのおかげで脱出。女子学生が発狂。

→縞々の部屋/錯乱
エリートとフリーター少年が錯乱して殺しあう。エリート死亡。

→冒頭の書斎


ぎりぎり助かった最後のフリーター少年。
ゲームマスター曰く、これは世界中の金持ち達の為のゲームで、どうやっても生存者は出てはいけないことになっている、らしい。
飛び掛かり首を絞めてくるゲームマスター、もう駄目だという所で毒ガスの部屋で脱落したはずの女子学生が助けに入る。
ふたりは警察を呼び施設を調べるも、そこはすでに何もない廃墟。
「そんなはずはない!」と憤る二人。


後日。

再開する2人。女子の方はゲームについて一人で調べを進めていて、ついに彼らの拠点(だったか次のゲーム開始場所)を突きとめる。
男子の方は躊躇するが、結局「一人で行かせる訳にいかない」展開で一緒に行く事に。
場面変わって主催者側と思われる人物、実はどうやらわざと尻尾をつかませて2人をもう一度ゲームに参加させるつもりのよう。


脱出ゲーム>死に様、という感じなのでそこまでショックな絵面は無かった(ように思う)。
6人の人物が選ばれた理由は「致命的な事故の奇跡的な生存者」だかららしい。
そのラッキーな生存者のなかで、さらに一番ラッキーなのは誰だ的な。
その理由と金持ちの道楽ゲーム、という設定なのがちょっとがっかり。途中までは面白かった。



○ペット・セメタリー(Pet Sematary)★★★☆

森の中の家に引っ越してきた医者一家(夫婦と姉弟、猫)。
家の近所には埋葬したものを蘇らせる力のある不思議な墓地がある(タイトルのペットセメタリー)

ある日ペットの猫、「チャーチ」がトラックに轢かれて死んでしまうが、
近所のじいさん(墓地の力を知っている)にそそのかされて猫を墓地に埋葬する。
猫は生き返って戻ってくるが、以前と違って狂暴になっている。
じいさん(ジャド)曰く墓地から戻ってきたものは、姿こそ同じだが中身は別のものになってしまうらしい。

娘(エリー)の誕生日、この蘇ったチャーチが原因でこのエリーも死亡。
学習しない主人公は猫と同じように娘をも墓地に埋めて蘇りを試みる。
娘は蘇るが、やはり以前とは別人のようで異様な雰囲気を漂わせて狂ったような行動を見せる。


蘇った娘はまず墓地の秘密を知っているじいさんを殺し、次に自分に不信感を抱く母親も殺す。
母親は墓地に埋葬、ようやく事態に気付いた父親も殺しにかかる。
躊躇しながらも娘を殺す、とその時、埋葬された妻が蘇り旦那を殺害→埋葬。

夜明け、車の中に残された息子のところに「蘇った」家族3人と猫が現れる。
たぶん弟も埋められちゃうんだろうなー、で映画終了。


リメイク作品らしい。
最後に息子が残ったけど、これはやっぱり全滅エンドなんだろうか。
主人公のおっさんに共感できなかったのと、あとゼルダの死は妻ではなく妻の両親のせいだろうと思った。

最初の方に出てきたお面をかぶった子どもたちは結局謎のまま。



○キャプテン・マーベル(Captain Marvel)★★★☆

エンドゲーム見たのでこっちも見てみることに。順番としてはこの後にエンドゲームだったらしい。
眠かったので内容がちょっと曖昧。あらすじネタバレ見てもちょっと思い出せない所もあった。
ヒーローカラーのスーツが力の覚醒とか修行とかじゃなくて、友達の娘とのやりとりの結果、というのが良い。

どちらかというと話そのものより長官の過去とかアベンジャーズの由来とか、そっちの方が面白かった。
失明の原因は猫らしい。そんな大事には見えなかったのに。



○ファンタスティックビースト黒い魔法使いの誕生(Fantastic Beasts The Crimes of Grindelwald)★★★★

ちょっと時間が足りなさそうだったので途中早回し。
ハリーポッターシリーズからずっと思ってるんだけど、映画だけだとストーリーがよく分からない。
ファンタスティックビースト、本の方は一冊も読んだことないし…。

視聴中は気にならなかったけど、今解説サイト見たらケルピーの顔とズーウーの前足の角度がなんだか気持ち悪かった。





関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント