FC2ブログ

記事一覧

キエフ4日目、チェルノブイリ博物館と周りの教会



8月9日 曇り/晴れ/小雨
135日目、ウクライナ10日目
キエフ

チェルノブイリツアーの残金支払い 49米ドル

ホステルから出ずにベッドの上でネット三昧。
ここしばらく眠れなかったので昼過ぎまで眠れた。
前2軒のホステルは、夜になってもなんとなく暑かったけどここは涼しい。
昨日帰りにお惣菜買ってきて良かった。




8月10日 曇り/晴れ
136日目、ウクライナ11日目
キエフ

メトロ
チェルノブイリ博物館
プザタ ハタ リ
薬局博物館
缶ジュース
観光用市場の焼きそば 


昨日一日ゆっくり眠れたので今日はだいぶ楽になった。
やっぱりあんまり安いホステル(+ハイシーズン)はあんまり良くないな。

DSCN5796.jpg

明日はチェルノブイリツアーなので、前日の今日は博物館に行く事にした。
ホステルからは距離があるのでメトロで利用。



〇チェルノブイリ博物館

DSCN5804_20190917133507e95.jpg

最初入場券だけで入ったけど、解説無いと何が何だか分からないので音声ガイドも借りることにした。
部屋数少ないし、見るだけだったら10分くらいで終わってしまいそう。
感性死んでるからか、原発的なものについて考えるよりも、それっぽくディスプレイされた内装の写真撮っている方が楽しかった。

DSCN5808_2019091713350884d.jpg DSCN5815.jpg  

原発と言えば、当時働いていたバイト先でも
「放射能の飛んでくる関東なんかにいられない、私西に逃げる」とか言ってやめて行った人が2人いたけど今彼女達どうしているんだろう。
それともただ、バイト辞める口実が欲しかっただけだったのかな。

今はもう原発云々より、いつ来てもおかしくない首都直下地震の方がずっと脅威だし気がかり。

DSCN5817.jpg 

DSCN5821_201909171335135c4.jpg

DSCN5825.jpg

DSCN5841.jpg

DSCN5849_2019091713350472c.jpg

不謹慎ついでに奇形動物のミイラがあるというのでちょっと楽しみにしていたけど、実際置かれていたのは10~15cmくらいの小さいのが一つあるだけだった。

DSCN5857_201909171340227fc.jpg

DSCN5870.jpg

DSCN5876.jpg

箱舟…と、子どもたちの未来なんかを象徴しているらしい。
何だかんだで2時間くらいは滞在していたはず。
見学していた時間の割りに特に感想が出てこないのは、我ながらしょうがないなぁと思う。

DSCN5877.jpg

DSCN5878.jpg


・イッリャ教会

もう特に見たいところが無いので、適当に近くの教会巡りをする事にする。

DSCN5901.jpg DSCN5904_20190917140105150.jpg


DSCN5909.jpg

DSCN5911.jpg

昼ご飯。
例によってプザタハタ。この店に来るのは2回目。
パスタはやっぱりすごく好き。水餃子みたいのが意外と美味しくなかった。


・Pyrohoshcha Dormition of the Mother of God Church

DSCN5925.jpg

多分教会関係者だと思われる男の人が、教会前の雑草に、それは丁寧に水やりをしていたのが印象的。
雑草にも慈悲を、な事だろうか?
あ、でももしかしたら単に除草剤掛けていただけかも。

DSCN5919.jpg

DSCN5927_20190917140317e3e.jpg


・КИЕВО-ФЛОРОВСКИЙ ВОЗНЕСЕНСКИЙ ЖЕНСКИЙ МОНАСТЫРЬ

DSCN5932.jpg

敷地の広い修道院。入り口に茶色いローブの修道士っぽい人が座っていたけど普通に物乞いされた。

DSCN5937.jpg

DSCN5931_201909171405554b7.jpg


〇ポドリ薬局博物館

DSCN5946_20190917140824300.jpg

キエフにも薬局博物館。
有名でないのかリヴィウのよりも人がいなくて良かった。

DSCN5960.jpg

DSCN5958.jpg

ここの入り口、というか中庭で地元っぽい人たちがセミヌード撮影会みたいなのをやっていた。
一応観光地なのに気にならないのだろうか。なんというか、当たり前だけどモデルの人はとても美人でスタイルが良かった。

DSCN5970.jpg


〇Mykola Prytyska Church

DSCN5992.jpg DSCN5995.jpg

身内のみの結婚式みたいなのをやっていた。
奥の方は入れなかったけど、手前の薄暗いアーチ空間にいるだけでも良い。
式終了後はすぐに清掃開始。週末だから閉まるの早いんだろうか?


DSCN5999.jpg

地元系市場。

DSCN6001.jpg


〇Church of the Exaltation of the Holy Cross

DSCN6006.jpg

ここももうクローズするところだったらしく掃除中だった。

DSCN6015.jpg

DSCN6009.jpg



DSCN6030.jpg

DSCN6036.jpg

アンドレイ坂裏側?あたりの綺麗な建物が並ぶ区画。
写真撮っていたら、地元のおばちゃんに「私の町はきれいでしょう?気に入った?」的な事を言われた。
実際きれいだけど自信もって外国人にこういう事言えるのが凄いと思う。
私もそういうこと言えるようになりたい。


〇Castle Hill

DSCN6051.jpg

アンドレイ坂から階段を登ったところ。
街並みがそこそこ見渡せる。
普通に丘の上の空き地、といった感じなのでもうちょっと整備とかすれば良いのに、と思った。

DSCN6070_20190917141522abd.jpg

DSCN6079.jpg

DSCN6064.jpg


DSCN6083.jpg


〇Friendship of Nations Arch

DSCN6116.jpg

アンドレイ教会下のギャラリー小道を行ってみる。
狭い散歩道が続くけど、週末のせいか人でいっぱい

DSCN6090.jpg

DSCN6087.jpg

DSCN6101.jpg
すれ違う人との距離が近くて、その人数も多いのでなんだか疲れる…。

DSCN6107_20190917141805497.jpg

DSCN6112_20190917141806f6e.jpg

川の向こう側は一部砂州みたいになっていて、そこで日光浴や水浴びをしている人もいた。
遊覧ボートも出ているみたいで乗ってみれば良かったかな、と思う。
最終日時間あったのにその事すっかり忘れていて勿体なかった。

DSCN6114.jpg


DSCN6135.jpg

DSCN6136.jpg

DSCN6128.jpg

広場のこっち側散歩。
着ぐるみはいなかったけど、鳩とかちっさい猛禽類と写真撮るように勧めてくるお兄さんお姉さんが結構いた。

DSCN6144.jpg

帰り道、大通りでのバスキング?スプレーアートのパフォーマンス。
実際お金払って絵を購入している人を初めて見た。
売れたのは奥右側の青っぽい絵。買ったのは家族連れの女の子で、渡していたのは多分100フリヴニャ札。

こういうの出来たら面白いだろうなー、とか思うけど、技術とか話術、それ以前に度胸が全然足りない。
作品駄目にされたり、差別的な口撃されたらどうしていいのか分かんない。
外国人がやっていると立ち止まって見てみるけど、なぜか日本人(東アジア人)がやってるの見るとイライラする。何でだろ?

DSCN6145.jpg

DSCN6146.jpg


夕飯。市場のフードコート。

DSCN6149.jpg

DSCN6150.jpg

量の割りに高かった。レジ係だけが多分地元の人で、後の調理担当はベトナム人とか、とにかく東南アジアの人達だった。
アジア的なものを食べたかったのと、メニュー表を渡されて断りづらかったので注文したけどこれはハズレだったと思う。

DSCN6151.jpg

ナッツやドライフルーツ量り売りの店。店員さんはウズベキスタン出身らしい。
ここ以外にもタイマッサージとか、アジア系移民の人の店をぽつぽつ見かけた。
暮らしやすいんだろうか。





関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みつ村

Author:みつ村
89年生まれの無職♀。
ニート⇔バイトを繰り返して早10年。
旅行以外では基本外出しない。

今年はバケットリストを埋めていく。