FC2ブログ

記事一覧

リヴィウからキエフに移動(列車)



8月6日 曇り→晴れ
132日目、ウクライナ7日目
リヴィウ→キエフに移動


リヴィウ→キエフ(列車2等)352? リ
プザタ ハタ 110 リ
ВВ-ХОСТЕЛ 130
プザタ ハタ



DSCN4783.jpg
↑ホステルのエントランス。
昨日チェックインした時は気が付かなかった。


結局昨日もあまり良く眠れず。
向かいのベッドの人なんか深夜2時過ぎまで部屋と外を行ったり来たりしてるし。
明け方うっすら眠れたけど、切符のために早起きする必要があってきつい。

パスワードのせいでカード決済できなかったので、直接鉄道カッサに行ってチケット購入。
ホステルから徒歩5分。色々便利な立地だし、最初からこっちに泊まっていれば良かった。
8時オープンなので5分前に行ったところ、すでに3人建物の前で待っている。

DSCN4786.jpg

切符の購入にはパスポートが必要で、忘れていたので一度ホステルまで戻る羽目に。
ネット上では売り切れだった明日以降の昼行電車もこっちでは買えるようなので、もう1日ゆっくりしても良かったかも。
(私の英語が)あまり通じないおばちゃんにため息つかれまくりながらも無事チケット購入。

DSCN4788_2019090812585435d.jpg

最後にカードで支払いたいと言ったら、データの再入力が必要らしく舌打ち…。
他に客いないんだしゆっくりやってくれれば良いのに。
とりあえず無事に11時26分リヴィウ発→17時21分キエフ着の当日チケット買えたので良かった。


DSCN4789.jpg


ホステル下のプザタ ハタも8時からやっていたので朝食はここで食べる。
朝から結構人がいた。朝はモーニングメニューやっている。

DSCN4792_2019090812585810c.jpg

DSCN4790.jpg


DSCN4796.jpg

食後ちょっとだけ近所を散歩。これも何かのミュージアムだった。


〇聖ユーラ大聖堂

DSCN4799_20190908130037ba2.jpg

DSCN4803.jpg

DSCN4802.jpg DSCN4825.jpg

DSCN4831.jpg

DSCN4826.jpg

map見てたら良さそうだったので来てみた。
9時オープンなら近くの「監獄博物館」に行きたかったのだけど。
10時からミサが始まるようだったけど、これ以上いると列車に遅れるのでホステルに戻る。

10時20分、荷物を持ってホステル出発。


・聖オルハ・エリザベス教会

DSCN4837_201909081300289a8.jpg DSCN4833.jpg

ホステルから駅までの途中にあった教会。
新しめの教会らしくて、内部装飾はあっさりめだった。
大した距離ではないから、と思って駅まで歩いて行ったけど、だらだらした登りで疲れたので普通にトラムだかバスだかを使えば良かったもう。


DSCN4841.jpg

11時10分、鉄道駅到着。
50分も掛かったよ、歩くんじゃなかった。

DSCN4844.jpg

周辺工事していた事もあってなんだかごちゃごちゃしている印象。
駅に着いたのが出発15分前でぎりぎりでもう焦った…。

ジュースとかおやつも買いたかったけど、時間なかったので買えず。
駅構内が複雑でなくて良かった。

DSCN4849.jpg
駅構内。

ぎりぎりだと思っていたけど、他の乗客も乗り込んでいる最中だった。
11時26分、リヴィウ出発。
ここから6時間の移動だけんど、疲れたし眠い。

滞在中始終眠いのもあったけど、あまり良さがわからないままリヴィウ出発。
教会は好きだけど、あまりヨーロッパっぽい街並みには興味がないのかも。
ちょっと雑然としているくらいの方が私的には歩いていて楽しい。


列車の席は6人掛けのコンパートメントで、先に来ていたお兄さん二人組は中段のベッドで横になっていた。
上にはUSB充電コンセント付いていたし、6時間かかるので横になっていければその方が絶対楽。

トイレから戻ってきたら窓際席が子連れの家族に占拠されていた為、通路側の座席に着席。
景色も変わり映えしないし、バスよりは楽だろうけど夜行でも良かったかも…。すごく眠い。

荷物置いといたのに窓側取られたわーとか思っていたけど、一応指定席らしくて確認したら確かに私の席は通路側だった。


道中Simの電波状況は不良。
キエフに近づいたところで、今日のホステルを予約。

DSCN4854.jpg
17時21分、キエフ到着。

DSCN4858.jpg

今日のホステルまでは歩ける距離かな、と思って歩いたら、緩ーい傾斜の坂道で疲れた。
ぱっと見の印象、リヴィウよりキエフの方が好きな感じ。
ホステル入り口と入り方が分かりにくい+面倒で、simカード買っておいて本当に良かった。


DSCN4866_20190908125714d81.jpg

夕飯。もう毎日プザタ ハタ。

DSCN4865.jpg


DSCN4869_20190908125716718.jpg

近くにあった半分観光用っぽい市場。
小さなフードコートも入っていて、タイだかベトナム料理高の店もあった。
とりあえずラーメンが食べたい。



〇ВВ-ХОСТЕЛ

DSCN4871_2019090812571737f.jpg

翌日撮ったドミの写真。向かい右下のベッドの女性と、私のベッド下の男性はオーナー一家。

ホステルの場所が分かりにくいのと、ドアを開けるのに暗証番号が必要なのが面倒。
事前に知らない+通信手段がない、とかだと面倒だろうと思う。
ホステルというより普通のアパートに二段ベッド入れただけな感じ。

立地は良いけど収容人数に対してシャワー室+トイレが一室しかなくてイライラさせられた。
10分くらいしか使っていないのに、他ゲストに「シャワー時間が長すぎる」と文句をつけられたり。
どちらかというと「泊まっている」というよりは「住んでいる」感じのする人が多かった。

オーナー一家が普通にドミトリーで寝ていて、その一家の男性の鼾が酷くてまた眠れなかった。
しかも深夜1時過ぎに、ドミの隣のキッチンで料理始めるグループもいるし…。
なんでこんな良評価多いのか分からん。


DSCN4859.jpg
アパート入り口。ロックの内側なのに落書きだらけ。

DSCN4862.jpg DSCN4860.jpg

左、鍵がかかっていた地下階への階段。
右、ホステルまでの階段。4階くらいまであったと思うけど、どの階もこんな感じだった。「terrible」とはこういう時に使うんだと思いました。





関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント