FC2ブログ

記事一覧

リヴィウ5日目、ドゥブノ(Dubno)へ移動するはずだった



8月5日 曇り時々晴れと雨
131日目、ウクライナ6日目
リヴィウ


朝食 110 リ

ケバブ 60
スープとパン 40
チャイ 15

市バス 7×2
ファンタ 14
hostel Centrum 108



DSCN4764.jpg

今日はドゥブノ(dubno)に移動しようと思っていたけど、バスターミナルでバスが見つからず1日無駄にしてしまった。
5泊もしたここ、ホステル自体は良いけどレセプションの人があんまり親切じゃない、と感じる。
何か聞いてもロクに調べもせず「知らない、分からない」とか言うし。すぐ溜息つくし。

ドゥブノまではネットで調べてもバスの時刻が分からず、列車はあるが16時30分→18時30分とか。

11時のチェックアウトぎりぎりまでごろごろしてから出発。
こちらのブログ(https://4travel.jp/travelogue/11381322)だとバスもありそうな感じなんだけど。
列車だと出発が夕方になってしまうので、とりあえず南バスターミナルに行ってみることに。


DSCN4772.jpg

バスに乗る前トルコ系経営らしいカフェで朝食。
食事中物乞いみたいな格好の人が缶コーラを買いに来て、そのままレジの人に金をせびりだしたのが印象的だった。

ケバブとスープとチャイだけど、実際トルコのと全然違う。
特にチャイの味が薄い…。
スープについてくるパンを食べきったら追加してくれた。


DSCN4774_2019090718403886b.jpg

近くのバス停から3Aのバスで南のメインバスターミナルまで向かう。
市バスはそこそこ混んでいて荷物の置き場所に困った。
乗客のほとんどがバスターミナルで下車。

DSCN4775.jpg

何となく何とかなるだろう、でここまで来たけど、dubnoどころかリブネ(Rivne)行きも無いと言われてしまう。
レセプションの人、リブネ行きならここから出てるって言ってたんだけど。

確かにリヴィウにはいくつかバスターミナルがあるようだけど、ここじゃないのか。
一応インフォメーションがあったけど、あまり(私の)英語通じなくて何を聞いても「no,no!」と言うばかり。
ここじゃないならどこからバスが出ているのかを聞こうとしても「no,no!」

いくつか旅行会社が入っていたのでそこで聞いてみても、「国内近距離バスは窓口で聞け」で堂々巡り。
「旧共産圏…」という言葉が浮かんでくるような不親切さ。
眠いし荷物重いし本当イライラするな。


もぉう、ウクライナ親切な人多いとか聞いていたけど、ここまでの感じ日本よりも親切度低い気がする。
仕方ないのでとりあえず市内に戻る事に。
夕方16時の電車があるけど、もう今日は何もやる気しないのでリヴィウでもう一泊。
こういう事があると観光が面倒、という気持ちに拍車がかかる。

城塞廃墟見たいけど、懐中電灯とガイドいないと楽しめないらしいし。蚊も多いらしいし。
行き方の詳細も分からないし、何だかあまり現地の人にも期待できないし。
明日キエフ行きの昼行チケット売っていればキエフ、ないなら予定通りdubnoに移動する事に決める。


DSCN4765.jpg

DSCN4771.jpg

市内に戻ってきた。2軒目のホステルはプザタ ハタのすぐ隣。立地はすごく良い。
もう外出る気もしないので部屋でちょっと寝る。
寝れないのと飽きてきたせいで観光意欲が激減。


ネット見たらキエフ行きの昼行列車のチケットがまだ買えるっぽいので買う事にする。
値段は前日で、昼間の最安は325フリヴニャ、夜行の最安は500くらいから。

深夜発、早朝着の便も結構あるけど、こんな勝手の悪いのに誰が乗るんだろうか。
もっと昼間の時間のを増やしてくれれば良いのに。

決済まで行ったところ、暗証番号の後にパスワードを入れる画面が出てきてそこでどうしようもない事に。
家族に確認してもらうにしても、今日本朝の3時だし…。
予備のカードなのでそこまで控えて来なかった…。

調べたらホステルからすぐ近くに鉄道カッサがあったのでそこで買う事にする。
8時から20時まで、今日はもう閉まっているので明日の朝1番に行く事に。
城塞廃墟はもう面倒なのでいいやもう。


もう眠いけど(22時30分)、ドミの人達半分以上戻ってきてない…。
夜中にうるさくされるの嫌だなー…。
今日もあんまり眠れそうにないわぁ。



〇Hostel Centrum

DSCN4778.jpg

DSCN4779.jpg

DSCN4781.jpg
↑窓からの景色

滞在は1泊だけ。
下がプザタ ハタになっていて、前のホステルよりも立地条件良い。
ホステル自体は快適だし、ここはレセプションの人の感じが良くて良かったのに、夜遅くに帰ってくる人たちのせいで眠れなかった。
もう目が痛くてしんどい。

入り口に英語表記が無くて(無かったと思う)ちょっと分かりにくかった。





関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント