FC2ブログ

記事一覧

モロッコ前日、「自己肯定感」が低いあなたが、すぐ変わる方法



いよいよ出発。


やっぱり一か月は短かった。予定完全に立てきれていない…。
もうちょっと後の出発日だったら桜も見れたのに。
でも買った時は4月のモロッコ行きはまだ全部高かったのでまあ仕方ないね。

カサブランカIN、マラケシュOUTなので、昨日CTMでフェズ→シャウエンのバスチケット購入。
HPからは上手く決済できなかったのでアプリから。

決済画面はキャプチャしたけど、多分メールアドレスの入力間違えたみたいで肝心のチケットが来ない。
一応CTMのHPから問い合わせしてみたけど、やはり返事は来ない。
カサ→フェズも予約したかったけど、これ以上面倒になると嫌なので現地で考える事にする。



一昨日、去年の夏頃図書館で予約した「「自己肯定感」が低いあなたが、すぐ変わる方法」の順番が回ってきた。
出発間際でバタバタしてるので、後でもう一回予約入れるかも。

内容は、お金出して本棚に並べたいかと言われれば微妙。
あとこういう本買ってしまうと、背表紙見るたびに「自己啓発本を買ってしまうような自分」認識が強くなってしまう気がする…。
…ああでも、やっぱり中古コーナーで300円くらいだったら買っちゃうかも。

今のところこれ系で手元にあるのは「引き寄せの教科書」だけ、一昨年期間工中に川越のブックオフで買ったやつ。
相談できる人がいない環境なら、でも確かにこういう本を読み返すのも良いのかもしれない。
少なくともパチンコとソシャゲとアニメの話しかしない人たちと話すよりは遥かにマシ。



「自己肯定感」が低いあなたが、すぐ変わる方法
著:大嶋 信頼 
単行本:1500円、kindle版1200円


この人の本今まで何冊か読んだけど、図書館の本で流し読みだったから殆ど残ってない。
今更だけど、これに限らず読んだ本は感想残した方が良いんじゃないかと思うようになった。

その時は「面白い」とか「なるほど」とか思っても、しばらくするとみんな忘れちゃう。
嫌な出来事はなぜかだいたい忘れないのに。
せっかくブログ始めたし、読書メモ始めてもいいかもしれない。
これはとりあえずモロッコのカテゴリに入れておく。

後半のインナーチャイルド的な話はなんだかだったけど、前半はそこそこ「ああ、やっぱり」と思える内容だった。
というか幼稚園の頃からハブ気味だったし、「自分なんて…」が始まっていたからやっぱり私は重症寄りなんだと思う。


○自己肯定感が低い(自信がない)と他人から攻撃される。
○↑だと、損な役回りばかり押し付けられる。
…でもこれはなんとなく知ってる。


・自分と同じランクの人間が目に入る。
これは引き寄せと一緒?
私も外を歩いていると、素敵な感じの人よりクソ寄りの人間を眺めてしまう事が多い。
クソ野郎とかおかしい人間の方が眺めていて面白いからだと思っていたけど、これはこいつらと同族だったからなのか。

・自己肯定感(自信)がないまま努力しても無駄が多い。
・「謙虚」のせいで何も始めることが出来ず、結局自分大好きなクソ野郎に抜かされる。

・自分を肯定出来る人は「恥ずかしい」と思わずどんどん実力(この例えでは英語)が上がっていく。
↑私はこの「恥ずかしい」が非常に強いので、外国人も英語も嫌い。
そもそも日本人と日本語で話すのも怖いし苦手。


・「責任感」をなくす。
小学生の頃は毎回通信簿に「責任感があって真面目」という評価を貰ってた。
当時はそれは良いことだったのかもしれないし、私も褒められた気分になっていたけど今はもう違う。
「謙虚」=「美徳」刷り込みに騙された。

全部私のせいではない。事あるごとに「調子乗ってっと後で痛い目見るぞ」と言っていた父親のせい。
というかそもそも親の自己肯定感が低い。基本(特に父親)が減点方式。
なにかもめ事があるとすぐに「お前(私)に落ち度はなかったのか、100%向こうが悪い訳ではないだろう」といっていた父。

↑みたいな事を幼稚園の頃から刷り込まれてるから今凄く不利。
今はもう、仮に自分が9割方悪くてももう謝っちゃいけない。

遺伝子も環境も同じなら、同じようになるしかないじゃないか。
金が絡まない限りもう全部適当にする。もうみんなしんじゃえーーーー。


・自信がない奴ほど、「努力して頑張って」自己肯定感を上げようという事をやりがちらしいが、それが間違い。
↑実際はやればやるほど、思えば思うほど逆効果らしい。


・攻撃してくる人は謙遜している人を見て「嫉妬の発作」を起こしているらしい。
しかし「褒められた時に遠慮する」「謙虚である」事が「高尚、高潔」というのはよく分からない。
私も褒められている奴は羨ましく感じたりもするが嫉妬…はよくわからない。

私は割と(最初の内は)相手の悪意や見下しに鈍感らしいから、それが気に入らない人もいるのかも。




どうしようもなさすぎてどこから手を付けていいんだか分からないけど、
ちょっと気を抜くとすぐ自分が悪いと思ってしまうので「全部人のせいにする」は今頑張ってる。

とりあえず前回のエジプトでは、大声で威圧してぼったくろうとしてくる奴に怒鳴り返すことは出来た。
でもこれは普通にエジプト人を、「後進国の人」だと見下しているからかも。
そうだやっぱり(私の場合)見下すぐらいでちょうどいいんだわ。


白人は怖いけど、とりあえず旅行中は必要以上に謙虚に(卑屈に)見えないよう行動に注意する。
あと結局今回も特に変えなかったけど、見た目も大事なんだろうとは思った。

対外国人の場合は?だけど、対日本人の場合は、やっぱり「お洒落」にして相手を威圧するのも大事かも。
興味とお金が無いのが難だけど、そもそも自分の見た目に興味が持てないことは問題。
「自信がない」⇔「だから見た目に気を使わなくていい」の図式。
そのうち社会復帰したらどうにかしないといけない。






関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント